Author Archive

第59回海外日系人大会(in HAWAII)参加受付開始

By |

第59回海外日系人大会(in HAWAII)参加受付開始

「第59回海外日系人大会」概要 【会場】 シェラトン・ワイキキ(2階・ハワイボールルーム) 【日程】 6日6日(水) 当協会主催「第59回海外日系人大会」 午前 開会、参加国紹介 基調講演 午後 パネルディスカッション 大会宣言発表 夕刻 田中理事長主催 歓迎交流会 6月7日(木) 元年者150周年実行委員会主催プログラム 午前 元年者150周年記念式典 午後 シンポジウム 夕刻 日本政府主催レセプション 【参加費】、【オプショナル・ツアー】等の詳細はコチラ↓ http://www.jadesas.or.jp/optional_tour_59th.pdf 第59回海外日系人大会 事務局 (公財)海外日系人協会 http://www.jadesas.or.jp/taikai/hawaii.html TEL:045-211-1780 問い合わせは、taikai@jadesas.or.jp 担当:阿部順子

Read more »

ロンドンで受けられる英検についてお知らせ

By |

ロンドンで受けられる英検についてお知らせ

ロンドン会場の2018年度試験日程 【第1回】 一次試験日:6月2日(土) 二次試験日:7月1日(日) 申込期間 WEB:4月2日(月)~5月1日(火) 【第2回】 一次試験日:10月6日(土) 二次試験日:11月4日(日) 申込期間 WEB:8月6日(月)~9月4日(火) 【第3回】 一次試験日:2019年1月26日(土) 二次試験日:2019年2月24日(日) 申込期間 WEB:11月15日(木)~12月18日(火) その他の詳細は: https://applyab.eiken.or.jp/london/news/view?information_id=151

Read more »

福祉コラム

By |

福祉コラム

英国の成人後見人制度 意思決定能力のない弱者支援の理想タイプ 世界中が急速な高齢化に直面し、認知症の人口は増加の一途をたどっています。21世紀に入り、判断能力が不十分な人のための「成人後見人制度」に対する人々の関心は、単なる「財産管理」から「福祉の向上」へと向かっています。財産管理だけでなく、身上監護(被後見人が適切な生活ができるよう、身の上の手続きをする成年後見人の仕事の一つ)においても,本人による意思決定や潜在能力を発揮させることに焦点が置かれるようになったのです。「代理決定」は必要最小限に抑さえられ、本人による「自己決定支援」が強調される方向に転換してきました。 こうした流れの中、英国の「2005年意思決定能力法(Mental Capacity Act 2005 略してMCA 2005)」は、画期的かつ理想的な成年後見制度の枠組みとして、国際的な評価を受けています。JAも高齢化が顕著な点では例外ではありません。もしものときのために、初歩的な知識でもあるに越したことはなかろうと、ほんの触りの概説を試みました。これと並行して、JA傘下の時間預託制度、ナルクUKは、高齢化対策の一環として、昨年来、ナルク・エンディングノートのワークショップをシリーズでお届けしています。現在、第二弾を4月7日に開催するため準備中で、今号の福祉だよりでもご案内しています。ナルクUKの会員/非会員を問わず、多数のご参加をお待ちしています。 MCA 2005年法の特徴 ① 傷つけられやすい弱者保護の法的枠組みが整備された ② 本人に代わって意思決定する権限が「誰」に「どのような状況」で与えられるかが明確化 ③ どのような他者が関与できるか/どのような関与が禁じられるかが明確化 ④ 支援提供に際しては,本人の「最善の利益」に適っていることが証明できることを条件とする ⑤ 本人の「最善の利益」が厳密に定義されている ⑥ 公的機関でも血縁関係もない「市民」を支援者として登場させた画期的な試み 同法の五大原則 ① 本人が意思決定能力を喪失しているという確固たる証拠がない限りは、意思決定能力があると推定されなければならない。 ② 本人が意思決定を行うため可能な限りの支援を与えたが、すべてが失敗に帰した場合のみ,意思決定不能と法的に評価される。 ③ 単に不合理な決定を行ったというだけで,本人に意思決定能力がないと判断されてはならない。 ④ 意思決定能力がないと合法的に評価された本人に代わって行為/意思決定にあたる際は、本人の「最善の利益」に適うように行為/決定されねばならない。 ⑤ 行為/決定にあたっては,本人の権利や行動の自由を制限する程度を最小限に食い止め、他の選択肢がないかを検討する。 本人にとって「最善の利益」かのチェックリスト ① 本人の年齢、外見、状態、動作によって判断が左右されてはならない ② 全てを考慮した上で判断しなければならない ③ 本人の意思決定能力が回復する可能性を考慮しなければならない ④ 本人が自ら意思決定に参加し主体的に関与できるような環境をできる限り整えなければならない ⑤ 尊厳死の希望を明確に文書で記した場合は、医療処置を施してはならない。安楽死や自殺幇助は認められない ⑥ 本人の過去および現在の考え方、心情、信念、価値観を考慮しなければならない ⑦ 本人が指名した人、家族・友人などの身近な介護者、法定後見人、任意後見人等の見解を総合的に判断しなければならない。 英国の成年後見制度は、同法により「何重もの支援構造」が整備されています。支援提供を自発的に希望する「市民」を、判断能力の不十分な人と関係させ、血縁のない「市民」どうしが協働する、自発的支援体制が形成される機会を作っている点が高く評価される根拠でしょう。 「MCA 2005年法」は,判断能力が不十分な人の支援に伴う義務や負担を「身近な誰かに押し付ける」のではなく、血縁その他の人的つながりとは無関係に,人間同士が支援しあう理想的な枠組みを制度化した点が、理想型と評価される所以でしょう。 参考資料: 菅富美枝氏著「イギリスの成年後 見制度にみる市民社会の構想」

Read more »

ナルクUK活動報告

By |

ナルクUK活動報告

講演会のご案内 4月「日本の介護保険の現状とこれから」講演会のまとめ(PDF) 07/04/2018 昨年よりナルクUKで進めておりますプロジェクトである、それぞれの人生を総括するための「エンディングノート」のナルクUK版を作成するにあたり、今年は日英の法制度を含む様々な問題を皆様と共に考え、整理、記録するためのワークショップをシリーズで開催する予定です。今回は、厚労省から日本大使館に出向されたばかりの岸本哲也一等書記官による「日本の介護保険の現状とこれから」をお伺いすることになりました。老後は帰国をお考えの方はもちろん、検討中の方も含めて振るってご参加いただきたくお願い致します。 記 日時 : 4月7日(土)14:00 – 16:00 場所 : Farm Street Church, 114 Mount Street, Mayfair, London W1K 3AH テーマ : 「日本の介護保険の現状とこれから」 講師: 在英国日本国大使館 一等書記官 岸本 哲也様 参加費:ナルク会員 4 ポンド 、非会員 6 ポンド(ご家族で参加された場合は、お一人分の会費) ナルク会員にはナルクポイントが1ポイント加算されます。 準備の都合上、参加ご希望の方、nalclondon@gmail.comへ氏名とナルク会員か非会員かを明記し、3月31日(土曜日)までにお知らせ下さい。 NALC月例アイアンガーヨガ教室 日時: 4月21日(土)15:00~16:00 場所: Yogabase:257 Liverpool Road, London N1 1LX 地下鉄Angel駅から北に向かって徒歩7分(www.yogabase.org.uk参照) 用具: スタジオにある補助具を使用 服装: 運動着 参加費: ナルク会員は5ポンド、非会員は6ポンド 講師:…

Read more »

支部懇親会報告

By |

支部懇親会報告

西支部からの報告 今回は50年ぶりの大雪にもかかわらず14名が出席。いつものようにお互いの近状報告や健康管理などに話が盛り上がりました。食後はカフェに会場を移して、おしゃべりを続行。足元を心配して、早めに切り上げました。次回は8月ごろの予定です。 参加者の感想: *大雪の中、娘に外出禁止と念を押されての出席でしたが、とても楽しかったです。(睦子マック) *今日は雪の中を参加しましたが、いつものように皆さんとお話しして楽しい時間を過ごしました。(道子モーガン) *各々が自分の好きな食事を食べると、いつの間にか微笑みが出てくるものです。和気あいあいで皆さんと楽しい時間を過ごせました。皆さんありがとう。(早乙女) 南支部からの報告 3月8日(木)にレストラン海で開催された懇親会は、参加者19名と、いつもより少人数でしたが、食後のカフェでのお茶席でも、お喋りに花が咲き、皆さんとの交流が出来て楽しいひと時でした。次の懇親会は、8月末から9月初め頃を予定しています。 (川西記) 北支部からのお知らせ 次回は5月末ごろの予定です。

Read more »

福祉部だより

By |

福祉部だより

福祉部活動報告 福祉部3月例会開催 2018年3月21日、アベノレストラン地下会議室にて、東西南北の支部担当者8名が参加。支部統括担当が進行役となり① 各支部の見守りプロジェクト ② 4月以降の会場問題 ③ 寝たきり会員の対応を中心に話し合いがもたれた。  東支部:担当のジョンソン会員が帰省中だが、特に報告が無いことから察し、見守り対象の高齢者の異変はなさそうである。  南支部:南支部は前向きで元気な高齢者が多い。理解力が多少衰退している様子の高齢会員は、夫婦会員であるため、特に福祉部がケアに参加する必要はないと判断。足が不自由な八十代の会員も前向きに生活されている。80代後半の男性会員はプロの看護師のケアで安心。暫く振りにメールでコンタクトして大層喜ばれた一件は、プロジェクトの方向性が正しいことの証。元気に「太極拳」に励んでおられる女性会員は昨年の癌の術後順調に回復中。  北支部: 軽度の認知症と診断され多少の問題を抱えている会員も同好会に熱心に参加するなど、前向きに生活されている。  西支部:認知症を持つ84歳の会員はケアホーム入居中で、担当チームが月1度の頻度で見舞っている。息子さんご夫婦は共に健康を損なっていてお見舞いができないため、福祉部員からお見舞い要員を募ることを検討。  例会場の問題:福祉部の例会は当面第3水曜日開催を基本とすることに決定。4月の例会より会場をFarm Street Church別館小会議室(Room1)に移す方向で検討。寝たきり会員のお見舞いは、3人チームで続行中。数年前に作成された遺書を弁護士に相談しながら書き換え作業中。本人が選択した永続的代理権者(LPA)が本人の「最善の利益」を真摯に実行するよう、銀行口座、物件売却などに担当チームは注視中。  阿倍野のオーナーご夫妻のご厚意で使用させて頂いた会場は、今回が最終回。寛大なお二人のお気持ちに感謝をもって例会を終えた。

Read more »

同好会おしらせ

By |

同好会おしらせ

1、開催日時 2、場所 3、住所 4、詳細 5、担当者 6、備考 <スケッチ> 1 4月11日. (第2水曜) 11:30 2 Victoria & Albert Museum 3 Cromwell road (South Kensington下車) 4 水は持ち込めたないので 水彩以外の画材を使う 56 竹内 0777 4476 293 阿倍野さんが使えなくなつたので 館内を見学しながら “イメージ画”の構想を考える。 ヒントは 春の童謡(春の小川 朧月夜 さくら さくら etc) <合唱カラオケ>諸事情により休会 <俳句> 1 4月19日(第3木曜日)13:30 2 Royal Festival Hall 6F 3 4月の季語は「4月馬鹿」 4 今現在、定員の10名を越した参加者ですので空きができるまでお待ち下さい。 <歩き> 1 4月16日(月) 2 Virginia…

Read more »

同好会3月の報告

By |

同好会3月の報告

俳句を学ぶ会 日時:3月15日(木)13.30 より 思いもかけず、14名の出席となり、盛会でした。 University of Southern California の教授、ヴェリナ ヒューストンさん(ご母堂が日本人)が来られて在英熟年者の活動振りを見学して帰られました。 来月の季題は「4月馬鹿」です。 上品にまとめてください。 菜の花に春の息吹を早取りす キング 悦子 菜の花を墓前に供う里帰り 田口 邦子 春眠や我何急ぐ心生ふ 上田 陽子 菜の花をちらしに飾り母ありき 岡部 道 夕暮れの垣根にほのか沈丁花 広瀬 信子 スケッチ 3月14日、今回は春らしい温かい日になり美術館のベンチにすわってスケッチできるほどでした。 部長 常連が不在でしたが新しいメンバーが加わり合計8人が参加しました。 このウォーレス・コレクションはハートホード伯爵家の当主が収集した美術品の展示ギャラリーです。各部屋の展示品が多くて描く時間がなくなり写真を撮って後で仕上げることに全員賛成。もう少し時間があればと言う意見が多く出ました。 これからは新しい意見アイデアをいれて、内容のある会になればと思います。 食べ歩き会 2月第26回食べ歩き会 Regent Street沿いのビルの5階にあるAqua Nueva Spanish Restaurantで開催。予約が難しいという問題もクリアし、楽しいお食事となりました。15人の参加者は、洗練されたメニュー、サービス、雰囲気に大満足でした。 映画鑑賞会 『伊豆の踊子』3月20日 (参加者20名) 日差しのない寒い一日のロンドンでしたが、熱心な皆様にご来場頂き、素晴らしい映画上映会になりました。 吉永小百合と高橋英樹のコンビと大阪志郎、浪花千栄子、さらには南田洋子、十朱幸代の脇役陣の名演技に涙した人が多かった。川端康成の小説の映画化は『古都』『雪国』『山の音』など話題作も多く、川端文学が映像化しやすい一面を持っていると私は思う。しかしながら、見終わったあとメンバーのお一人から「この映画は原作のテーマと違っているように思う。」との発言がありました。おっしゃる通り、この名作『伊豆の踊子』は19歳の川端康成のドキュメンタリーであって、一般の映画のように「虚構で固めたり」「過度な想像と演出」は逆効果になってしまう。此れまで6人の監督で6作品が製作されているが、第二作目の野村芳太郎監督で美空ひばり、石浜 朗共演の作品が良くできていたように思う。 何故なら美空ひばりその人物こそが川端が見た踊子そのものであったのでは!? 川端康成は後に【『伊豆の踊子』はすべて書いた通りであった。事実そのままで虚構はない、あるとすれば省略だけである】と語っている。 (文責渡邉道英)

Read more »

紅葉会4月のお知らせ

By |

紅葉会4月のお知らせ

日時:4月26日(木)1時45分より(開場1時) 会場:Bloomsbury Baptist Church マイナス1階 235 Shaftesbury Avenue London WC2H 8EP (最寄駅 Tottenham Court Road/Holborn) 講演テーマ:理事と会員の懇談会 (2時45分から4時まで) 4月の紅葉会では、JA発足以来、初めての試みとして「理事と 会員との懇談会」を行います。 理事会へのご希望、諸事項に対する質疑応答、これまで知らなかった、分からなかった事などを、理事と会員が親睦を深め、オープンに話合いをもつ機会を設けました。多くの会員のご参加をお待ちしております。 尚、今回は会員のみの会 ですので非会員の方々のご参加はいただけませんが、別途、非会員、新入会員のオリエンテーションの機会をもちたいと思っていますのでよろしくお願いします。 参加費 会員 4ポンド お問い合わせ koyokai@japanassociation.org.uk

Read more »

紅葉会2月の報告

By |

日時 2月22日(木) 13:45-16:30 場所 Bloomsbury Baptist Church –1階 司会 ウィンター千津子 受付 ベイリーまゆみ/メイ えり お茶当番 竹内みどり 会計 フィップス勢津子 報告 ギブソン和子 第一部 1.新入会員の紹介 デービス志保子 2.各部報告 詳細は会報の各部お知らせ 報告参照 *紅葉会次期部長、ギブソン小池和子さん に決定 3.皆で歌いましょう 2月の誕生日 メイえり、ギブソン和子 2月の歌「雪の降る街を」「幸せなら手を たたこう」 指揮:田村陽子 ピアノ:W 千津子 4. ラジオ体操 第二部 今月の特別イベント 「アンティエージング」 講師 小幡洋子  自らのトラブルの体験から、スキンケア商品の開発を始めた小幡さん。私たちのお肌の構造と東洋人と西洋人の肌の構造の違い、基本的なスキンケアの方法、そしてアンチエイジングに効くビタミン、食べ物、様々な美容法についても興味深いお話を拝聴。ご自身で開発された製品のご紹介とJA会員割引をご提示。熟年女性には見逃せない情報らしく、参加者はAll女性会員でした! 記 ギブソン

Read more »