Archive For The “同好会” Category

同好会4月の報告(映画鑑賞会、歩く会、スケッチ会)

By |

同好会4月の報告(映画鑑賞会、歩く会、スケッチ会)

映画鑑賞会 4月17日にFarm Street Church 別館 にて伊丹十三監督作品の「マルサの女」を17名の参加者で鑑賞。国税局査察部(通称マルサ) の女性査察官亮子と脱税者のラブホテル経営者、権藤との戦いをコミカルに描き第11回日本アカデミー賞(1988年)の主要部門をほぼ独占した当時の話題作。 宮本信子演じる亮子と査察チームが秘密捜査を重ねながら権藤を追い詰めていく。ゴミ集積所で大雨の中ゴミの山から、権藤逮捕のきっかけとなる領収書を発見!査察部のガサ入れシーンでは、マルサOBが監修に協力したそうで、さすがの迫力。強欲な権藤を描くためにエログロも混じってはいるが、時折見せる父としての表情や最後のオチで見せる人間らしさを山崎努が熱演している。伊丹監督は初めての作品「お葬式」で収益があがったものの、ごっそり税金でもっていかれたことで税金や脱税について興味がわき映画にしたと語っているそう。 鑑賞後今月の誕生日の方の誕生会を兼ね、お茶とお菓子を囲んで話が弾みました。   歩く会         日時 : 4月16日(月) コース: バージニアウオーター 13名の参加。 散りかけた椿の群生、最盛期は終わったものの、カーペットを敷き詰めたように咲く黄水仙の 谷、黄色い水芭蕉など、美しさに誘われ、予定外の湖を一周、15キロを完歩。25,000歩を記録。歩く会の記録を更新しました。案内役の佐藤洋三会員、ありがとうございました。 ≪感想≫ * 予報に反して曇り空の上やや冷たい風も吹く天気でしたが、しばらく湖に沿って歩くと、水芭蕉が群生している所があり、白い花や黄色の花を楽しむ。更に歩くとガイド役の佐藤さんがおすすめの水仙の大群生がある地域に到着。残念ながら水仙はほとんど終わっていたが、その周りにシャクナゲが既にたくさん咲いており大いに豪華な花々を楽しんだ。その後は湖を一周して元の場所に戻ったが、途中リビアから持ってきたローマ遺跡やカスケードと呼ばれる滝も見学して大変充実した歩きでした。幹事の川西さん、ガイドの佐藤さんありがとうございました。終了後のパブでのおしゃべりも大変楽しゅうございました。(沖田) * 初めて訪れたバージニアウオーター。今年は春が遅いせいか、シャクナゲはまだチラホラしか咲いていなかったが、水芭蕉は見事でした。広大な湖の周りを一生懸命歩き、最後パブで飲んだビールは最高でした。(グリーブス)   スケッチ会 4月11日のスケッチ会は V&A Museumに集合。V&Aでの同会は数回あるが、一時帰国などで4名も欠席したにもかかわらず7名の参加。今回のテーマ は 「イメージ画」で、これが苦手の人は石膏デッサンに挑戦。 春をテーマとする唱歌のイメージに取り組みんだ苦労の跡が作品に現れている。「朧月夜」4名、「春の小川」2名、石膏デッサンが1名 。「朧月夜」が菜の花から桜になるなど、題や歌詞にこだわらす、ユニークな 春のイメージの作品が出来上がった。各自のイメージを大切にしたい。四季をすべて終えたら絵本にしたいと思っている。

Read more »

同好会おしらせ

By |

同好会おしらせ

1、開催日時 2、場所 3、住所 4、詳細 5、担当者 6、備考 <スケッチ> 1 4月11日. (第2水曜) 11:30 2 Victoria & Albert Museum 3 Cromwell road (South Kensington下車) 4 水は持ち込めたないので 水彩以外の画材を使う 56 竹内 0777 4476 293 阿倍野さんが使えなくなつたので 館内を見学しながら “イメージ画”の構想を考える。 ヒントは 春の童謡(春の小川 朧月夜 さくら さくら etc) <合唱カラオケ>諸事情により休会 <俳句> 1 4月19日(第3木曜日)13:30 2 Royal Festival Hall 6F 3 4月の季語は「4月馬鹿」 4 今現在、定員の10名を越した参加者ですので空きができるまでお待ち下さい。 <歩き> 1 4月16日(月) 2 Virginia…

Read more »

同好会3月の報告

By |

同好会3月の報告

俳句を学ぶ会 日時:3月15日(木)13.30 より 思いもかけず、14名の出席となり、盛会でした。 University of Southern California の教授、ヴェリナ ヒューストンさん(ご母堂が日本人)が来られて在英熟年者の活動振りを見学して帰られました。 来月の季題は「4月馬鹿」です。 上品にまとめてください。 菜の花に春の息吹を早取りす キング 悦子 菜の花を墓前に供う里帰り 田口 邦子 春眠や我何急ぐ心生ふ 上田 陽子 菜の花をちらしに飾り母ありき 岡部 道 夕暮れの垣根にほのか沈丁花 広瀬 信子 スケッチ 3月14日、今回は春らしい温かい日になり美術館のベンチにすわってスケッチできるほどでした。 部長 常連が不在でしたが新しいメンバーが加わり合計8人が参加しました。 このウォーレス・コレクションはハートホード伯爵家の当主が収集した美術品の展示ギャラリーです。各部屋の展示品が多くて描く時間がなくなり写真を撮って後で仕上げることに全員賛成。もう少し時間があればと言う意見が多く出ました。 これからは新しい意見アイデアをいれて、内容のある会になればと思います。 食べ歩き会 2月第26回食べ歩き会 Regent Street沿いのビルの5階にあるAqua Nueva Spanish Restaurantで開催。予約が難しいという問題もクリアし、楽しいお食事となりました。15人の参加者は、洗練されたメニュー、サービス、雰囲気に大満足でした。 映画鑑賞会 『伊豆の踊子』3月20日 (参加者20名) 日差しのない寒い一日のロンドンでしたが、熱心な皆様にご来場頂き、素晴らしい映画上映会になりました。 吉永小百合と高橋英樹のコンビと大阪志郎、浪花千栄子、さらには南田洋子、十朱幸代の脇役陣の名演技に涙した人が多かった。川端康成の小説の映画化は『古都』『雪国』『山の音』など話題作も多く、川端文学が映像化しやすい一面を持っていると私は思う。しかしながら、見終わったあとメンバーのお一人から「この映画は原作のテーマと違っているように思う。」との発言がありました。おっしゃる通り、この名作『伊豆の踊子』は19歳の川端康成のドキュメンタリーであって、一般の映画のように「虚構で固めたり」「過度な想像と演出」は逆効果になってしまう。此れまで6人の監督で6作品が製作されているが、第二作目の野村芳太郎監督で美空ひばり、石浜 朗共演の作品が良くできていたように思う。 何故なら美空ひばりその人物こそが川端が見た踊子そのものであったのでは!? 川端康成は後に【『伊豆の踊子』はすべて書いた通りであった。事実そのままで虚構はない、あるとすれば省略だけである】と語っている。 (文責渡邉道英)

Read more »

同好会報告

By |

同好会報告

スケッチ 2月14日 はバレンタインデーと重なり、電車でも歩行中もバラの花束やチョコレートらしき包装を持った人を例年より多く見かけた 。「ハッピー」な人が多いのは良い事 。今月は 花、 香、炉、 野菜、 陶器等の静物に挑戦。 ヘースティングより経験豊富な新人が新たに参加。 作品だけで無く、面白い話が多く、 皆さんが刺激され、会がさらに楽しく盛り上がるのではと期待する。 映画(2月20日ー火) 2月は寅さんシリーズ第19作『男はつらいよ寅次郎と殿様』(1977年) 渥美清➕アラカン昭和を代表する二大スター夢の顔合わせ。ロケーション 舞台はあのNHK朝ドラ「お花はん」と同じ四国は大洲市。懐かしき昭和黄金時代の喜劇の味わいと松竹カラーのメロドラマが見事に結実した名作でした。 1月俳句を学ぶ会の報告 日時:1月18日(木) 13:30 より 新年初の句会は川西さんの再来で出席者10名。 ●底冷えの離れに一人座禅組む 松尾 美和子 お父上の事を詠まれたとか。厳しい姿が思われます。 ●年越せて夢あらたなる老いてなお 広瀬 信子 しっかりした意思の伝わってくる句になっています。 ●おとそ飲み初夢語る家族の輪 小野 宣美 なごやかな家族の雰囲気が伝わってくるようです。 ●年の明け花火連打の都空 バンダースケーフ 日出美 勇ましい花火の音に新年の訪れを詠んでいます。 ●2月の季語は「春の雪」です。

Read more »

スケッチ会報告

By |

スケッチ会報告

1月10日 今季初めての室内 “レストランあべの”さんの 地下に集合した 。 そしてこれも又久々の人物クロッキーを行った。一人を10分で描く。 これを出席者の数だけ描いて練習し気に入った一枚に手を加え提出して貰った。 今回の絵は皆さんそれぞれ素晴らしい。 色使いにも工夫がありそれぞれの個性表現の努力を感じた。 クロッキーに手 を加えて仕上げた人達の作品の中にも、細やかな表現が素晴らしい物もあつた。情けないのは自分の物のみで、皆さんがこんなに上達して下さるとやりがいを感じる。 次回には”静物” を、そして我々の展示場 (“一点張り”二階) も一年経つので、新たな作品に入れ替えようと思っている。

Read more »

1月度映画鑑賞の報告

By |

1月16日(火曜日)13;00〜 上映作品『富士山頂』(石原裕次郎プロ制作)原作;新田次郎 脚本;國弘威雄 監督;村野鐵太郎 撮影;金宇満司、照明;椎葉昇、録音;紅谷擅一、美術;横尾嘉良、音楽;黛敏郎 主演;石原裕次郎、勝新太郎、渡哲也、山崎努、芦田伸介、東野英治郎、宇野重吉、佐藤充、中谷一郎 市原悦子、星由里子、古谷一行、露口茂、清水将夫、神山繁 加藤武 田中邦衛 橋本力 酒井修 青山良彦 浜田光夫 鈴木瑞穂 信欽三 今福正男 ほか新劇人(民芸座、俳優座、文学座)多数 襲い来る雪崩れ、吹きすさぶ暴風雨、大自然の極限を克服し遂に富士山山頂にレーダーを作り上げた。 これは日本人の勇気を謳ったドラマだ!今や日本経済映画の後の楽しいダンス は世界のトップレベルにあり、鉱工業生産並びに日本で生み出した各種製品は全世界のマーケットに出回っている。丁度この映画が製作された時代は日本の基幹産業が急速に伸長した頃であった。 一方戦後の貧しい時代を支えてきた映画産業は不況の真っ只中で、次々と老舗の撮影所が倒産、中村錦之助(東映)はじめ三船敏郎(東宝)、勝新太郎(大映)石原裕次郎(日活)が独立プロを創り世界のマーケットに進出、大成功を収めた。こうした作品の代表作品がこの『富士山頂』である。(文責渡邉)

Read more »

歩く会報告

By |

日時 : 1月11日(木) コース : Tate Modern まず、1900年以降の,ピカソ、ダリ、デガ、マチス、アンディ ウオーホール等の作品を観賞後、加わった、ガイドツアーでは、現代アートのツアー、日本人の作品の説明もあり、学ぶこと大の歩きでした。私達の会話にも熱が入り、解散は、予定の4時を、とうに過ぎた,5時近くとなりました。(川西弘子) 写真は、日本人アーチストの作品

Read more »

第26回食べ歩き会同好会のお知らせ

By |

第26回食べ歩き会同好会のお知らせ

2018年2月23日(金) 12.30pm Aqua Nueva Spanish Restaurant 5th Floor 240 Regent St. London W1B 3BR (020-7478 0545) 参加ご希望の方はsumiko.scott@btinternet.com OR 020-8340 9063までご連絡ください。

Read more »

俳句を学ぶ会の報告

By |

俳句を学ぶ会の報告

12月21日(木) 12月の俳句の会は新人のウィーラーさんを交え12名が出席。メンバーは全部で15名なので、これ以上増えると限られた時間内に収まらないので今の所、定員締め切りとします。 ー舞う雪の花散るごとき手のひらに バンダースケイフ 日出美 ー枯れ葉踏み度重なりし野辺送り 広瀬 信子 ー鍋に煮えて外は木枯らし二人きり ウィーラー 由美 来月の季題は「初夢」です。 新年を迎えての良い句がみられますよう期待します。 クーパー 矩子

Read more »

スケッチ会報告

By |

 12 月13 日、“ジャーニー”に紹介されていたテート モダーンの新館との間を生かして作られたリラックスの空間 のブランコや階段を見に来た。あいにく天気の悪い日が続いていて、前日にはロンドン北部を中心に大雪が降り、空港も大混乱になつたりでこの日も引き続き寒い上に雨模様。 ウォークの参加は無く我々だけという何時もの顔ぶれだった。 レギュラーも 2 人欠席 一人は別行動だつたので 計8 名の参加になった。 寒く雨だった割にはこのリラックスの空間への入場者は多かった気がする ブランコはさすがの人気で老いも若きも 家族連れも 入れ替わり立ち代わりの大人気だった。 人々の笑い声や 楽しそうな雰囲気が伝わって来た。 童心に帰るという事は 心をリラックスさせてハッピーな気持ちにさせるのかもしれない。 我々も久々の童心を一寸だけ楽しんで記念写真をパチリ 警備のお姉さんに撮ってもらつた。 今回は時間が足りなくて此処でのスケッチは無し その代わり”私のベストとしていままで描いた作品の中からお気に入りの各一枚を出してみた。新年には久々に人物クロッキーを予定している。

Read more »