Archive For The “福祉部” Category

福祉部

By |

福祉部

去る9月16日(水)に第一回目の「福祉歓談サロン」がZoomにて 開催されました。出席者は24名でしたが、そのうち11名は福祉部 メンバー、今回は幸いに全員が揃い皆さんにご挨拶、というところ からスタートしました。ウィリアムズ百子会長も出席して下さり、福 祉部の活動に対して労いのお言葉を頂きました。私たちが今こう して活動できるのも、百子会長始め先輩方の労苦があってこそで す。私たちも助け合い精神を会全体に広げることが出来るよう頑 張りたいと思います。出席された皆さんも福祉部の活動内容に興 味を持たれているようで、正しくこの歓談サロンはいろいろなご質 問にお答えできる良い場所と言えます。 今回の主な話題は「生きる上で一番大切なものとは、、、笑い、人との繋がり」と「諸々の 詐欺に負けない対処法」でした。参加者の体験談も含めて貴重 な意見交換の時が持てました。これから日がどんどん短くなっ ていきますが、皆さんの心の中はいつも明るくあって、ちょっと 気が沈むことがあっても直ぐ回復できますようにお祈りします。   次回の歓談サロンは10月21日(水)午後2時からです。 予約の必 要はありませんので、お茶でもいれてお気軽にご参加ください。 お待ちしております。Zoomのリンクは10月15日ごろ一斉メー ルでお送りいたします。なお、ご質問がありましたらwelfare@japanassociation.org.ukまでご連絡ください。

Read more »

福祉部

By |

福祉部

8月の報告   8月の福祉部例会は5日(水)11時より3時間の枠をとって前回と同じくZoomにて行いました。 最初に各支部からの見守り対象 者25名の近況報告がありました。今回私たち福祉部員が話し合 ったことは、毎月電話連絡してよいのか、ということでした。私 たちが好意で連絡したとしても必ずしも良いとは限らないからです。場合によっては「かえって迷惑」と思われるケースもある のでは、ということでした。福祉に携わる者としての心がけとして「しつこいアプローチ」はしないことを部員一同誓った次第です。 その反面、ご家族がいらしてもやはり時々日本語でお喋りしたい、と思われる会員も結構おられます。コロナ感染パンデミッ ク以前は「懇親会」でお会いすることが出来ましたが、ここ暫く はそれが叶いませんので、せめてもZoomでご希望に応えたい と思います。それで考えたことは「福祉歓談サロン」という新し い企画です。一か月に一度の頻度で開催したいと思います。詳 しくは右欄をご参照ください。     【新企画!】ZOOMによる「福祉歓談サロン」始めまーす!   第一回目は9月16日(水)2時から5時の3時間、福祉部メンバー がお待ちしていますのでご都合の良い時間に気軽に出入りなさ ってください。参加された方々の興味のあるトピックを一緒に考 えたり、色々心に思うことや悩みごとを共有することで、皆の知 恵や励ましをもらって気分が一転することってありますよね。時 を共にすることで更なる親睦を深めることが出来ればと思いま す。日にちが迫りましたら一斉メールでリマインダーをさせて頂 きますが、一応Zoomのリンクは以下の通りです。   Join Zoom Meeting https://zoom.us/j/91551784979?pwd=MzJ2RnJwdHFPR0cwV0JJVHhJT2pWQT09 Meeting ID: 915 5178 4979 Passcode: 452067   新企画の「福祉歓談サロン」に関するご質問、又は他の件でお聞きになりたいことがありましたら、田口晴恵まで下記の何れかの方法でお気軽にご連絡ください。 harue.t@hotmail.co.uk   07840219028 (電話又はテキスト)

Read more »

福祉部

By |

福祉部

7月の報告   7月の福祉部例会は1日(水)午後3時より初めてのZoomミーティン グとなりました。Zoomに不慣れなメンバーばかりの為、数人で前 もって「練習」をしておいたお蔭で当日は問題なく進行でき、ホット したことは隠せません。思えばいつものファームストリート教会で の例会が3月初旬だったので4カ月振りのミーティング、ロックダウ ン中は毎月メールでやり取りをしていましたが、やはり皆の元気な 顔を見ながらの例会はとても嬉しく話も弾みました。世界を脅かす コロナパンデミックではありますが、この緊急事態でZoomが一挙 に世界中に広がり、多くの人々に喜びを与えてくれているともいえ ます。 今月も東西南北の各支部からの報告は、見守りプロジェクトの対 象である皆さんのほとんどがお元気でおられるという嬉しいもので ありました。しかしながら、以前は元気にJAの諸々のイベントに参 加されていた会員がお年と共に足が弱くなってきている、又は持 病が次第に重くなってきている、などの報告もあり、福祉部として は今まで以上に心を込めた見守りに力を注ぎたいと思います。 今までは全て自分で出来ていたことも徐々に人の手を借りたい、気 軽に頼める人がいたら、、、と思うようになるのは、生きている限りいつかは誰もが体験することです。又、年齢に関係なくこの長く続き そうなコロナ感染で気分が滅入ってしまいそうになることもありまし ょう。いつもは英語での生活で大丈夫と思っていても、時には日本 語で気楽にお喋りしたい!と思う時もあるのではないでしょうか。そ んな時はどうぞお気軽に福祉部にご連絡ください。 福祉部は「楽しい毎日を過ごすためのネットワーク作り」の大切さを 実感しています。最近は何かお手伝いしたい、という思いを持って 入会される若手の方々も結構いると聞いています。JA会員の皆さ んが英国に住む同士としてお互い助け合い、学び合うことが出来 ればどんなに生活が豊かになることでしょう。パンデミックが教えて くれたことに「隣人を思う優しさ」があると思います。人間の良い面 が、この大変な時にJA会員の間でも実行されることを願ってやみ ません。   ヘルプを必要とされている方、福祉部のネットワーク作りに協力して 下さる方、又は福祉部に対するご希望のある方はメール、welfare@japaneseassociation.org.uk 又は携帯電話07840219028(部長:田口晴恵)までご連絡下さい。

Read more »

福祉部

By |

福祉部

6月の報告   コロナ感染拡大防止のため私たち会員もここ数か月間色々不自由な生活を強いられていますがロックダウンも徐々に緩和されつつ あり、ご家族のとの再会も屋外でなら良くなり、又今週より更に規制が緩くなり久し振りにご家族のお顔を直に拝見しながら多いに お話に花が咲くことでしょう。この様な状況下、今月も各支部の見守りプロジェクトの報告は先月に引き続きメールで交わされまし た。喜ばしい事にこの1か月も殆どの会員の方々に大きな変化が見られず健康状態もそれなりに良好であったとの報告でした。   先月A会員が転倒されたと報告しましたが徐々に良くなってい られ、先月末にお誕生日を迎えられお嬢さん、お孫さんがお誕 生日のお祝いに駆け付けて下さり庭越しでバースデー の歌をプレゼントされたそうです。 B会員はご家族がいらしてお庭でBBQをされお孫さんとお会い してとても楽しい一時を過ごされたとの事でした。 C会員はケアホームにいらして元気がない声で「誰もお見舞 いにきてくれない」と言われるのですが今は未だお見舞は叶 わないのでもう暫く我慢して頂く以外ないのが辛いで す。一日も早くにお見舞が再開する事を祈る思いです。 D会員はご親切な方が日本食を買って来て下さるので生活には ご不自由されていないようです。又、命の泉を毎晩就寝 前に召されるので睡眠も良くとれるので安心です。   最近は会員の皆様が日本食の宅配サービスも受けられることになり、ご利用されていらっしゃる方も増えているそうです。 食生活はこんな時期ですから猶更美味しいものを頂く機会があるのは嬉しいですね。元気な源は矢張り食にありです。引き続きコロナ感染防止に 細心の注意をお払いになってお元気にお過ごし下さい。   尚、ヘルプを必要とされている方がいらっしゃいましたら、福祉部まで メール、welfare@japaneseassociation.org.uk 又は携帯電話07840219028(部長:田口晴恵)までご連絡下さい。

Read more »

福祉部

By |

福祉部

福祉部の部長役を賜ってから一年が過ぎ、何も知らなかった自分で したが色々学ばせて頂きました。その中でこれは皆さんにお知らせ したら良いかな、と思うことがありますのでご参考にしてください。   1) Next of Kin、Executor, Lasting Power of Attorneyの確認と更新 (例) 一人住まいのAさんが亡くなられました。Aさんの入院中、病院は 規定に沿ってAさんにNext of Kinを聞きました。Aさんは昔知って いたある友人Bさんの名前を伝えました。それでAさんが亡くなっ た時に病院は当然Next of KinのBさんに連絡してきました。とこ ろが、Bさんは今は高齢であることと病弱のお身体であるのでとて もAさんのお葬式の手配などお手伝いできる気力はありません。 たまたまBさんの知り合いであるCさんが代行出来たので、Aさん の日本のご家族に連絡をとってお葬式の手配など事を進めること が出来ました。この場合はAさんがノートに遺書のような内容のメ モを残されていたので、遺産相続先が明確で問題はありませんで したが、万が一のために頼りになるExecutorやLasting Power of Attorneyを決めておくことが大切です。   2) 死亡届けの提出確認 (例) Dさんが亡くなられた後、日本にお住まいの弟さん宛て遺産が送金されてきました。弟さんは英国におけるDさんの資産処理を全 て英国在住の日本人の方(弁護士さん?)に任せました。ところが 送金の知らせを受け銀行に赴くと死亡届けの記録が日本に届いていないということが分かり、最終的に遺産を受領するまでにかなり時間がかかった、ということです。弟さんは全て頼んだ先が滞りなくやってくれていたと思っていたのでかなりびっくりされたそうです。コミュニケーションミスだったのでしょうね。   日本人会のみならず英国に在留する日本人の高齢化が進んでいます。福祉部はそのような傾向にある中で、一番大切なことは今回のコ ロナ感染で私たちが痛感した「良いコミュニティ作り」だと信じます。 お互い個人尊重、でも連帯感を感じられる程よいお付き合い、困った 人がいたら何気なく手を差し伸べることが自然と出来る、そんな暖かい会を目指していきたいと思います。   福祉部へのご意見ご希望はwelfare@japanassociation.org.uk または harue.t@hotmail.co.uk(田口)までご連絡ださい。     見守りプロジェクト   若葉の緑も日増しに清 々しく感じられる5月と なりましたが、今月も各 支部の見守りプロジェクトの報告はメールで交わされました。幸いにもこの1か月殆どの会員の方々に大きな変化が見られず健康状態もそれなりに良好であったとの報告は喜ばしいことでした。しかしお一人の…

Read more »

福祉部

By |

福祉部

今月はCovid-19感染防止の為、Farm Street Churchで開催される福祉部例会が開かれず全ての情報はメールを介して報告となりました。 毎日のコロナウイルス感染に関するニュースで感染者数、死者の数が日ごとに増えている現状の中で見守りプロ ジェクトの対象者である会員のお一人がコロナウイルスに感染 され入院されました。 入院された経緯は自宅で倒れられ意識不明になり、救急車を呼ぶのは時間が掛かるので息子さんが直接 A&Eに連れて行かれたそうです。福祉部では知らせを受け早 速ご主人にコンタクトしましたが残念な事にご主人もその時は体調が優れずご子息がご自宅で面倒を看ていられるとの報告 がありました。 幸いにも会員は比較的軽症であった様でその翌週には退院され今はご自宅で安静にされていらっしゃいます。本日(4月11日)ご本人にお電話でお話することができ、ご主人と Crossward Puzzleに興じられるまでにご回復されたとの事で話し声もしっかりとしておられました。ご本人にご了解を頂き今月の会報に記載しております。 一日も早いご全快をお祈りします。 その他見守りの対象では嬉しい事に特筆すべきことはありません。 ご家族と一緒に住んでいられるか、中にはご夫婦二人だけのご 家庭でも近所の方がお買い物等の手助けをして下さる様でこの大変な時期を皆さんが兎も角無事過ごされていられるので安堵 しています。この様な時節柄、福祉部員も会員との接触もままならず今まで以上に頻繁に電話、メール、手紙での安否確認を積極的に続けております。 幸いにもサポートを必要とされている会員がいないので今後も会員の皆様が感染防止に細心の注意を払 ってStay at Homeを実行してください。 現在ケアホーム訪問は 禁止されてますが定期的にホームに電話をしてお元気か否か問 い合わせし、できれば会員と直接会話を持つようにしています。   懇親会   予定していた懇親会も全て中止となり今月は報告がありません。 福祉部のメールアドレスを新たに作成致しましたので今後は下記のアドレス宛にお送りください。   welfare@japanassociation.org.uk 尚、携帯電話は今までと変わらず田口晴恵、07840219028です。 ヘルプが必要な方はご遠慮なくご連絡下さい。     追悼文「故佐和子さんを偲んで」   ベラルディー佐和子さんは北支部の会員でした から、顔を合わせる機会は多々ありました。私が親しくお話をするようになったのは佐和子さんの 「見守り」を始めた2019年の秋頃だったと思います。元気な頃は、紅葉会、映画同好会、墓地清掃、懇親会、その 他に参加されて活動や行事を楽しまれていました。その後体調を崩されて歩行が困難になったことからずっと自宅で療養されるようになり、話し相手にと、私が何回かお宅にお邪魔して世間話や近況、JAのことなどで会話を楽しんでいました。 猫が大好きで四 匹飼っておられ、私が最後にお宅をお邪魔した2月にはそのうち一匹が病死した時で悲嘆の様子でした。佐和子さんはとても律儀な方でした。メールをされない佐和子さんとの交信は電話か手紙でした。私が手紙を送ったり、JA関連のお知らせを届けると決まって その日のうちお礼の電話を下さる方でした。     思いやりのある方でもありました。ご本人が病身であるにも関わらず昨年夫と死別した私のことを案じて下さり、お電話や、訪問時に親切な言葉で慰めてくださいました。そのような気遣いがとても嬉しく感じました。ご主人も大変献身的に佐和子さんのお世話をされておられて感動しました。 運悪くこのような時世ですので、佐和子さんの御葬儀に参列して最後のお別れが出来ないことが悔やまれてなりません。 心より故人の ご冥福をお祈りいたします。合掌   バンダースケイフ 日出美

Read more »

福祉部

By |

福祉部

3月4日(水)に8名が参加し例会が開かれ今月は特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が英国内においても深刻になってきており、軽い風邪の症状があったり、体調不良の部員は自粛して例会を欠席した。     見守りプロジェクト   各支部では、ご病気で苦しんでいられる方、或いは軽度の認知症の兆しが表れ始めた方々の今後の見 守り対策を先月に引き続き対象者ごとに検討した。 勿論、各支部の報 告の中で80歳を超えられた会員の方々がお元気でご活躍されていられると言う嬉しい報告に思わず部員の顔にも笑顔が見られた。先述の通り、日に日にコロナウイルス感染症の脅威が報道される中、福祉部では定期的に続けているケアホームへのお見舞い等は当分の間自粛すると言う決定がなされた。 我々の訪問を心待ちにされておられる会員の方には申し訳ない思いでいっぱいだが、ホームで暮らす多くの高齢者、そして免疫力が落ちている方々を考慮し、 この訪問見合わせの決断は当然の事と受け止める。コロナウイルスの感染の終息が見られるようになった際は速やか にお見舞いを開始するつもりです。   3月10日に東支部のダフィー栄子さ んが享年89歳で永眠されたという 悲しい訃報が届いた。 ご葬儀は家族葬で執り行われると言うご連絡を頂いた。ダフイー栄子さんは一月に自宅で転倒され病院に入院、先月末にリハビリの為ケア ホームに転居されたばかりであった。懇親会に参加された のは2018年2月が最後であった。 栄子さんはとても明るく前向きなお人柄で、生前家庭菜園を楽しまれ、夏になると丹精された紫蘇の鉢を沢山持って来て下さって皆さんに配っていられた。一枚一枚のしその葉の生育がとても良く、 我が家に帰って成長不良な紫蘇の鉢に慌てて肥料を入れたりしたことを思い出した。 東支部の部員、特にJohnson 妙子さんが毎月欠かさず栄子さんの近況を訊ねて下さった事に此処に改めてお礼申しま上げます。 栄子さんのご冥福 を心よりお祈り申し上げます。合掌

Read more »

JA会員の皆様

By |

JA会員の皆様

新型コロナウィルスの勢力が留まる様子もなく、今月16日 には英国政府は70歳以上、また既往症がある人に対しては自己隔離とされました。 皆さまにおきましては既に英国 日本人会での各例会、同好会等がキャンセル、または延期となり、出かける機会、お喋りの機会を失い、それに輪を かけ今回の発令でお一人で淋しい思いやご不自由をな さっている会員の方もあるのではないでしょうか。   誰かと話したい、メールを送りたいと思われる方、その他の面でもお買い物等ご不自由をなさっている方のために、英国日本人会として皆様に少しでもお役に立ちたく、 もし何かお手伝いできる事がありましたらどうぞ遠慮なく下記にご連絡ください。 現在はFace Timeなどもあり、 スマートフォンやiPadをお持ちの方は相手のお顔を見ながらの電話も可能です。 また、会員の皆様の中でもこの時期にご不自由をしている会員の方々のために、お力になって下される方も是非下記 連絡先にご連絡ください。     事務局 winter@japanassociation.org.uk  /  Tel 07957 548023     福祉部 taguchi@japanassociation.org.uk  /  Tel 078402 19028     ナルク部 nalc@japanassociation.org.uk  /  Tel 074030 11124      

Read more »

福祉部

By |

福祉部

2月2日に福祉部例会が参加者11人で開かれ、今月は久し振 り旧部長の竹中さんも出席され過去の貴重な経験を通して 色々なアドバイスを頂く事が出来たのは幸いであった。 現在見守りプロジェクトでA会員に就いて過去に遡って話し 合い、今後どの様な支援が求められているのか検討した。 ご家族のいらっしゃらない独身の会員とご家族がいらっしゃ るが頻繁に訪問する機会が少なく現在置かれている会員の 日常生活、情況をよく理解されていない場合等、課題は種々 ある。ご家族が福祉部の支援を積極的に受け入れたくない 場合もあるようで、こちらから連絡を入れてもその後の反応 がなかったりする。ご家族がいらっしゃる会員はご家族を交 えて福祉部員と一緒に今後の支援、介護に関して話し合い 最善の支援を進め、実行できる事が望ましい。 しかし乍ら我々福祉部員が出来る支援には限界があるので 本格的な介護、看護を要する時は地域のソーシャールワーカー にコンタクトを取り直接面談する事が求められると思う。 今後もこのA会員に関しては部長と地区担当部員が綿密に 連絡を取り合いながらプロジェクトを進めていく方針である。 福祉部 今月は昨年末にご逝去された宮松雅子さんの事が話題に上 がり、お元気な時は紅葉会の参加は勿論、懇親会にもお顔 を出していられ、美味しいお食事がお好きな宮松さんは西支 部の懇親会が今の様にEat_Tokyo で定着される前にはご自分の近くの 中華レストランなどを紹介して下さ り、お口添えで美味しい中華での懇 親会を企画し、お安く提供して頂い た事が記憶に新たに蘇った。 西支部の山本郁子、Phipps勢津子、其れと最近はShailer 文野も頻繁ではなかったが見守りプロジェクトの一環で長き に亘りお見舞いを続けて頂き感謝致します。 在りし日を偲び、宮松さんのご冥福をお祈りします。合掌     西支部懇親会   日時: 4月3日(金) 12:30より 会場: EAT TOKYO 16 Old Compton Street, London, W1D 4TL *以下Webサイトを見て下さい Tel: 020 7439 9887 Website:…

Read more »

福祉部

By |

福祉部

福祉部の会員は「見守りプロジェクト」として20名ほどの会員の方々を定期的に訪問又はお電話で連絡をとっていますが、そのうちのお一人、横田 桂子さんが1月12日(日)に 86歳のお誕生日を迎えられ ました。 おめでとうございます! 竹中厚子さんからはいつもの ように日本料理、ラブ正子さ んからは綺麗なお花、ジョンソン妙子さんからはワンちゃ ん好きの桂子さんに小屋付きのワンちゃんぬいぐるみ、 そして小学校時代のお友達 からはたくさんの日本のお菓 子などがタイミング良く届い て桂子さんは幸せいっぱい。 田口は年末の里帰りの際に桂子さんの甥っ子さんと会い、以 前から希望されていた幼い頃の写真やご家族の最近の写真 アルバムをお誕生日の日にお渡しすることができました。午後のお茶の時間にはケアホームのスタッフの方々が大きなバースデーケーキを用意してくださり、それはそれは楽しい 一日を過ごされました。 お気に入りのピンクのブラウスが素敵なので許可を得て写真を撮らせて頂きました!       ●南支部懇親会のお知らせ  日時:3月13日(金)12時より  場所:Sagamiya (詳細は2月号でお知らせします)

Read more »