Archive For The “福祉部” Category

福祉部

By |

福祉部

福祉部の部長役を賜ってから一年が過ぎ、何も知らなかった自分で したが色々学ばせて頂きました。その中でこれは皆さんにお知らせ したら良いかな、と思うことがありますのでご参考にしてください。   1) Next of Kin、Executor, Lasting Power of Attorneyの確認と更新 (例) 一人住まいのAさんが亡くなられました。Aさんの入院中、病院は 規定に沿ってAさんにNext of Kinを聞きました。Aさんは昔知って いたある友人Bさんの名前を伝えました。それでAさんが亡くなっ た時に病院は当然Next of KinのBさんに連絡してきました。とこ ろが、Bさんは今は高齢であることと病弱のお身体であるのでとて もAさんのお葬式の手配などお手伝いできる気力はありません。 たまたまBさんの知り合いであるCさんが代行出来たので、Aさん の日本のご家族に連絡をとってお葬式の手配など事を進めること が出来ました。この場合はAさんがノートに遺書のような内容のメ モを残されていたので、遺産相続先が明確で問題はありませんで したが、万が一のために頼りになるExecutorやLasting Power of Attorneyを決めておくことが大切です。   2) 死亡届けの提出確認 (例) Dさんが亡くなられた後、日本にお住まいの弟さん宛て遺産が送金されてきました。弟さんは英国におけるDさんの資産処理を全 て英国在住の日本人の方(弁護士さん?)に任せました。ところが 送金の知らせを受け銀行に赴くと死亡届けの記録が日本に届いていないということが分かり、最終的に遺産を受領するまでにかなり時間がかかった、ということです。弟さんは全て頼んだ先が滞りなくやってくれていたと思っていたのでかなりびっくりされたそうです。コミュニケーションミスだったのでしょうね。   日本人会のみならず英国に在留する日本人の高齢化が進んでいます。福祉部はそのような傾向にある中で、一番大切なことは今回のコ ロナ感染で私たちが痛感した「良いコミュニティ作り」だと信じます。 お互い個人尊重、でも連帯感を感じられる程よいお付き合い、困った 人がいたら何気なく手を差し伸べることが自然と出来る、そんな暖かい会を目指していきたいと思います。   福祉部へのご意見ご希望はwelfare@japanassociation.org.uk または harue.t@hotmail.co.uk(田口)までご連絡ださい。     見守りプロジェクト   若葉の緑も日増しに清 々しく感じられる5月と なりましたが、今月も各 支部の見守りプロジェクトの報告はメールで交わされました。幸いにもこの1か月殆どの会員の方々に大きな変化が見られず健康状態もそれなりに良好であったとの報告は喜ばしいことでした。しかしお一人の…

Read more »

福祉部

By |

福祉部

今月はCovid-19感染防止の為、Farm Street Churchで開催される福祉部例会が開かれず全ての情報はメールを介して報告となりました。 毎日のコロナウイルス感染に関するニュースで感染者数、死者の数が日ごとに増えている現状の中で見守りプロ ジェクトの対象者である会員のお一人がコロナウイルスに感染 され入院されました。 入院された経緯は自宅で倒れられ意識不明になり、救急車を呼ぶのは時間が掛かるので息子さんが直接 A&Eに連れて行かれたそうです。福祉部では知らせを受け早 速ご主人にコンタクトしましたが残念な事にご主人もその時は体調が優れずご子息がご自宅で面倒を看ていられるとの報告 がありました。 幸いにも会員は比較的軽症であった様でその翌週には退院され今はご自宅で安静にされていらっしゃいます。本日(4月11日)ご本人にお電話でお話することができ、ご主人と Crossward Puzzleに興じられるまでにご回復されたとの事で話し声もしっかりとしておられました。ご本人にご了解を頂き今月の会報に記載しております。 一日も早いご全快をお祈りします。 その他見守りの対象では嬉しい事に特筆すべきことはありません。 ご家族と一緒に住んでいられるか、中にはご夫婦二人だけのご 家庭でも近所の方がお買い物等の手助けをして下さる様でこの大変な時期を皆さんが兎も角無事過ごされていられるので安堵 しています。この様な時節柄、福祉部員も会員との接触もままならず今まで以上に頻繁に電話、メール、手紙での安否確認を積極的に続けております。 幸いにもサポートを必要とされている会員がいないので今後も会員の皆様が感染防止に細心の注意を払 ってStay at Homeを実行してください。 現在ケアホーム訪問は 禁止されてますが定期的にホームに電話をしてお元気か否か問 い合わせし、できれば会員と直接会話を持つようにしています。   懇親会   予定していた懇親会も全て中止となり今月は報告がありません。 福祉部のメールアドレスを新たに作成致しましたので今後は下記のアドレス宛にお送りください。   welfare@japanassociation.org.uk 尚、携帯電話は今までと変わらず田口晴恵、07840219028です。 ヘルプが必要な方はご遠慮なくご連絡下さい。     追悼文「故佐和子さんを偲んで」   ベラルディー佐和子さんは北支部の会員でした から、顔を合わせる機会は多々ありました。私が親しくお話をするようになったのは佐和子さんの 「見守り」を始めた2019年の秋頃だったと思います。元気な頃は、紅葉会、映画同好会、墓地清掃、懇親会、その 他に参加されて活動や行事を楽しまれていました。その後体調を崩されて歩行が困難になったことからずっと自宅で療養されるようになり、話し相手にと、私が何回かお宅にお邪魔して世間話や近況、JAのことなどで会話を楽しんでいました。 猫が大好きで四 匹飼っておられ、私が最後にお宅をお邪魔した2月にはそのうち一匹が病死した時で悲嘆の様子でした。佐和子さんはとても律儀な方でした。メールをされない佐和子さんとの交信は電話か手紙でした。私が手紙を送ったり、JA関連のお知らせを届けると決まって その日のうちお礼の電話を下さる方でした。     思いやりのある方でもありました。ご本人が病身であるにも関わらず昨年夫と死別した私のことを案じて下さり、お電話や、訪問時に親切な言葉で慰めてくださいました。そのような気遣いがとても嬉しく感じました。ご主人も大変献身的に佐和子さんのお世話をされておられて感動しました。 運悪くこのような時世ですので、佐和子さんの御葬儀に参列して最後のお別れが出来ないことが悔やまれてなりません。 心より故人の ご冥福をお祈りいたします。合掌   バンダースケイフ 日出美

Read more »

福祉部

By |

福祉部

3月4日(水)に8名が参加し例会が開かれ今月は特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が英国内においても深刻になってきており、軽い風邪の症状があったり、体調不良の部員は自粛して例会を欠席した。     見守りプロジェクト   各支部では、ご病気で苦しんでいられる方、或いは軽度の認知症の兆しが表れ始めた方々の今後の見 守り対策を先月に引き続き対象者ごとに検討した。 勿論、各支部の報 告の中で80歳を超えられた会員の方々がお元気でご活躍されていられると言う嬉しい報告に思わず部員の顔にも笑顔が見られた。先述の通り、日に日にコロナウイルス感染症の脅威が報道される中、福祉部では定期的に続けているケアホームへのお見舞い等は当分の間自粛すると言う決定がなされた。 我々の訪問を心待ちにされておられる会員の方には申し訳ない思いでいっぱいだが、ホームで暮らす多くの高齢者、そして免疫力が落ちている方々を考慮し、 この訪問見合わせの決断は当然の事と受け止める。コロナウイルスの感染の終息が見られるようになった際は速やか にお見舞いを開始するつもりです。   3月10日に東支部のダフィー栄子さ んが享年89歳で永眠されたという 悲しい訃報が届いた。 ご葬儀は家族葬で執り行われると言うご連絡を頂いた。ダフイー栄子さんは一月に自宅で転倒され病院に入院、先月末にリハビリの為ケア ホームに転居されたばかりであった。懇親会に参加された のは2018年2月が最後であった。 栄子さんはとても明るく前向きなお人柄で、生前家庭菜園を楽しまれ、夏になると丹精された紫蘇の鉢を沢山持って来て下さって皆さんに配っていられた。一枚一枚のしその葉の生育がとても良く、 我が家に帰って成長不良な紫蘇の鉢に慌てて肥料を入れたりしたことを思い出した。 東支部の部員、特にJohnson 妙子さんが毎月欠かさず栄子さんの近況を訊ねて下さった事に此処に改めてお礼申しま上げます。 栄子さんのご冥福 を心よりお祈り申し上げます。合掌

Read more »

JA会員の皆様

By |

JA会員の皆様

新型コロナウィルスの勢力が留まる様子もなく、今月16日 には英国政府は70歳以上、また既往症がある人に対しては自己隔離とされました。 皆さまにおきましては既に英国 日本人会での各例会、同好会等がキャンセル、または延期となり、出かける機会、お喋りの機会を失い、それに輪を かけ今回の発令でお一人で淋しい思いやご不自由をな さっている会員の方もあるのではないでしょうか。   誰かと話したい、メールを送りたいと思われる方、その他の面でもお買い物等ご不自由をなさっている方のために、英国日本人会として皆様に少しでもお役に立ちたく、 もし何かお手伝いできる事がありましたらどうぞ遠慮なく下記にご連絡ください。 現在はFace Timeなどもあり、 スマートフォンやiPadをお持ちの方は相手のお顔を見ながらの電話も可能です。 また、会員の皆様の中でもこの時期にご不自由をしている会員の方々のために、お力になって下される方も是非下記 連絡先にご連絡ください。     事務局 winter@japanassociation.org.uk  /  Tel 07957 548023     福祉部 taguchi@japanassociation.org.uk  /  Tel 078402 19028     ナルク部 nalc@japanassociation.org.uk  /  Tel 074030 11124      

Read more »

福祉部

By |

福祉部

2月2日に福祉部例会が参加者11人で開かれ、今月は久し振 り旧部長の竹中さんも出席され過去の貴重な経験を通して 色々なアドバイスを頂く事が出来たのは幸いであった。 現在見守りプロジェクトでA会員に就いて過去に遡って話し 合い、今後どの様な支援が求められているのか検討した。 ご家族のいらっしゃらない独身の会員とご家族がいらっしゃ るが頻繁に訪問する機会が少なく現在置かれている会員の 日常生活、情況をよく理解されていない場合等、課題は種々 ある。ご家族が福祉部の支援を積極的に受け入れたくない 場合もあるようで、こちらから連絡を入れてもその後の反応 がなかったりする。ご家族がいらっしゃる会員はご家族を交 えて福祉部員と一緒に今後の支援、介護に関して話し合い 最善の支援を進め、実行できる事が望ましい。 しかし乍ら我々福祉部員が出来る支援には限界があるので 本格的な介護、看護を要する時は地域のソーシャールワーカー にコンタクトを取り直接面談する事が求められると思う。 今後もこのA会員に関しては部長と地区担当部員が綿密に 連絡を取り合いながらプロジェクトを進めていく方針である。 福祉部 今月は昨年末にご逝去された宮松雅子さんの事が話題に上 がり、お元気な時は紅葉会の参加は勿論、懇親会にもお顔 を出していられ、美味しいお食事がお好きな宮松さんは西支 部の懇親会が今の様にEat_Tokyo で定着される前にはご自分の近くの 中華レストランなどを紹介して下さ り、お口添えで美味しい中華での懇 親会を企画し、お安く提供して頂い た事が記憶に新たに蘇った。 西支部の山本郁子、Phipps勢津子、其れと最近はShailer 文野も頻繁ではなかったが見守りプロジェクトの一環で長き に亘りお見舞いを続けて頂き感謝致します。 在りし日を偲び、宮松さんのご冥福をお祈りします。合掌     西支部懇親会   日時: 4月3日(金) 12:30より 会場: EAT TOKYO 16 Old Compton Street, London, W1D 4TL *以下Webサイトを見て下さい Tel: 020 7439 9887 Website:…

Read more »

福祉部

By |

福祉部

福祉部の会員は「見守りプロジェクト」として20名ほどの会員の方々を定期的に訪問又はお電話で連絡をとっていますが、そのうちのお一人、横田 桂子さんが1月12日(日)に 86歳のお誕生日を迎えられ ました。 おめでとうございます! 竹中厚子さんからはいつもの ように日本料理、ラブ正子さ んからは綺麗なお花、ジョンソン妙子さんからはワンちゃ ん好きの桂子さんに小屋付きのワンちゃんぬいぐるみ、 そして小学校時代のお友達 からはたくさんの日本のお菓 子などがタイミング良く届い て桂子さんは幸せいっぱい。 田口は年末の里帰りの際に桂子さんの甥っ子さんと会い、以 前から希望されていた幼い頃の写真やご家族の最近の写真 アルバムをお誕生日の日にお渡しすることができました。午後のお茶の時間にはケアホームのスタッフの方々が大きなバースデーケーキを用意してくださり、それはそれは楽しい 一日を過ごされました。 お気に入りのピンクのブラウスが素敵なので許可を得て写真を撮らせて頂きました!       ●南支部懇親会のお知らせ  日時:3月13日(金)12時より  場所:Sagamiya (詳細は2月号でお知らせします)

Read more »

福祉部

By |

福祉部

福祉部は現在11人のメンバーで構成されており、月例会で は東西南北の各支部における「見守りプロジェクト」の活動 報告をもとに対象会員の現状を把握することに努めていま す。これから増えていく会員高齢化の現実を踏まえて、福祉 部会員のみでは限度があるので日本人会メンバー同士で助 け合い精神を培って頂き、元気なうちに自分のネットワーク作 りに励んで頂けたらと思います。尚、各支部が年2回の頻度 で開催する懇親会は、東西南北に拘わらずどの会にも出席 できますので是非ともご参加ください。   上記は12月7日(土)の総会においてご報告した内容です が、その後で開催された忘年会で素晴らしい体験がありまし たので追加させて頂きます。「見守りプロジェクト」の対象会員のお一人である原三郎さんがお嬢様お二人と共に参加さ れました。福祉部例会で南支部担当の川西弘子さんから原 さんが日本人のケアラーの方とPutneyから14番のバス一本 で市内までこれるので懇親会に参加されると伺っていまし たが、私はお会いしたことがなかったのでこの時とばかりたくさんお話をさせて頂きました。 原さんは今年97歳、戦後の 悲惨な状態から日本の経済復興のために貢献されたビジネ スマンのお一人であったことを学びました。お仕事の関係でご家族が英国生活を体験されたこともあり、ご家族揃って日 本から英国にお住いを移されたことなど、妹さんの原信子さ んからお聞きしました。日本という便利な環境に慣れてしま っている方々が多い中、敢えて英国に移住されたという事実 が私にはとても嬉しく感動しました。原三郎さんの長生きの 秘訣を信子さんは「物事にこだわらないタイプ」と仰っていま したが、それは大変ポジティブな生き方であると感心しまし た。地元の絵画グループにも所属されており、本当に人生を 楽しんでおられるお姿をお見受けでき光栄でした。今年の忘年会の楽しみは鈴木ナオミさんの歌声を聞きたかったからと 聞いていましたので、ナオミさんの素晴らしい熱演を十分楽 しまれたことと思います。 新年を迎えるにつき、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上 げます。   田口晴恵   【12月号の訂正お詫び】 「 原 三 郎さん は 、お 嬢さん と一緒に14番のバスでPut neyからGreen Parkで下 車、Farm Street Churchで のJCUKの会合に参加されて おり、又Twickenhamでの南 支部の懇親会にはケアラーを 職業とする五十嵐祐子さんと 一緒に参加されています。」

Read more »

福祉部

By |

福祉部

11月福祉部例会   福祉部11月例会は11月6日(水)に何時ものFarm Street Churchにて行われました。 福祉部が力を入れている「見守りプロジェクト」はロンドン を中心に東西南北に分け、それぞれの地区を2人か3人が 担当、また会員の皆さんお馴染みの「懇親会」を企画するメ ンバーでもあります。現在のところ80歳から97歳の20人ほ どの会員の皆さんに定期的に電話連絡又はご自宅/ケアホ ーム訪問を行っています。もし、どなたかお知り合いの方で (80歳以下の方でも)ヘルプを必要とされている方がいらっ しゃいましたら福祉部代表の田口晴恵までメールtaguchi@japanassociation.org.uk又は携帯07840219028までご連 絡ください。     懇親会の報告   北支部懇親会 日時:2019年11月20日(水) 今回第2回目のCocoro Restaurant TottenhamCourt Road店 での北支部懇親会、石狩鍋から始まる素晴らしいお弁当(もずく、天ぷら、卵豆腐、イワシの照り焼き、おもち)とお茶をい ただき、新メンバーも入れて25名が参加。皆おしゃべりに花 を咲かせて2時間があっという間に過ぎてしまった。昼食後、 近くの”All Bar One”でお茶とワインで、おしゃべりの続きをし て解散。

Read more »

福祉部

By |

福祉部

10月福祉部例会   10月2日に福祉部例会が参加者8人で開かれ、ちょうど例会を開始しようとした時に 会館内の警報が鳴りだし全員が一旦屋外退去となりましたが幸いにも何事も無くミ ーティングルームに戻ることが出来ました。 今月も見守りプロジェクトを中心に展開された。   見守りプロジェクト もう一度此処で福祉部の活動の主たる『見守りプロジェク ト』について簡単な説明をしてみたいと思います。 当初は70歳以上の会員を対象に始めましたが周知の如く 昨今の多くの70歳前半の会員の皆様はエネルギーに溢れ しかも心身ともに健康状態が宜しいと言う事で次には75 歳以上の会員を対象に各支部毎に担当者がコンタクトを 始めました。その際に、今後この様なコンタクトを希望され るか伺い継続を希望された会員、又はそれ以後に体調が 優れず色々なイベント等への参加が出来難くなった会員、 或いは一人暮らしで安否確認を定期的に希望される会員 にコンタクトを続けています。 しかし乍ら年齢如何に関わらず見守りが必要とされる会員 には福祉部員は支援の手を差し伸べたいが情報を入手し ない事には支援活動が始まりません。ご本人から直接福 祉部にコンタクト取って頂くか、見守りを必要とされる会員 をご存知であれば友人からでもご連絡頂きたいです。 我々の活動内容は種々に亘り行われるが、ホームに暮らす 会員のお見舞い、病院等への付き添い、お買い物が必要 な際は買い出し等、会員のご希望に沿った形で行われま す。 又、見守りプロジェクトの報告に関しては会員より名前の 開示、或いはイニシャルでの公表も望まないケースが多く 具体的に個々に関する報告は避けるようにさせて頂きたい と思います。 但し会員本人が公表する事を了承される際はきちんとした ご報告が出来ます。 全会員の内、現在我々部員が定期的に支援、コンタクトの みをする会員数は15名前後であり、この会員方の中でも 天候次第ではJapan祭りへの参加を希望されていらした が生憎当日は雨模様でもあり楽しみにしていらしたが参加 を見合わせた様でした。 しかし、支部の懇親会には参加お申し込みをされていらっ しゃるがこれも天候次第で足が遠のいてしまうのが誠に 残念です。 今月は見守り対象者の皆さんがお変わりなく日々暮らされ ている事をご報告する次第であります。 今月は我々部員の一人が最愛の伴侶を亡くされ、この数か 月深い悲しみの中に暮らす日々を見守り対象のご病人達 からそれぞれ心を寄せられ、慰められ、励まされ相互に支 援、扶助の気持ちを打ち出して行くことは素晴らしく効果 的であることを学びました。 英国日本人会はチャリティー団体であり、私達福祉部員の みでなく、会員全員が福祉活動を支え、誰もが「出来る時 に出来ることをする」というモットーを実行していきたいと 思います。 見守りプロジェクトに対するご要望、ご意見はメールにて 田口晴恵福祉部長宛にお送り下さい。…

Read more »

福祉部

By |

福祉部

活動報告   福祉部9月例会が4日に開かれ参加者9名が「高齢者見守りプロジェクト」を中心に話し合った。 今月より福祉部報告の担当者の竹中元部長が任を降りられ新たなスタイルでの報告が始まる。     見守りプロジェクト   各支部の担当者より見守りプロジェクト担当者の近況が順次報告された。幸いにも対象者に大きな変化が見られず一先ず安堵する。 特に明記すべき事項はなく今後も定期的に会員とコンタクトを取りながら状況を見守り、又必要な会員の為にお見舞いは今まで通りのスケジュールを予定している。   お見舞いに関し感じられることは、ケヤホームに暮らすA会員の訪問が定期的に行われ訪問時に部員が持参する和食、果物等を嬉々として召し上がられるのを拝見するのは私達部員にとって嬉しいことである。食後は会員の好きな絵画集を一緒に広げながら会話が弾んだように思われた。この様な刺激のもたらす効果は大きく、会員本人ばかりでなくケヤホームのワーカーも度々声を掛け合って呉れると言う相乗効果もあるように感じられ嬉しい発見であった。 又ケヤホームを離れる時に交わされる「有難う、又来てね」の一言は福祉部員にとって何よりの励ましである。   会員の高齢化に伴い今後他人との接触も少なく一人で一日の多くの時間を過ごす会員数が増えるに付け、彼等の不安、淋しさの解消に役立つ様な活動を継続する事が如何に重要であるか再認識するものである。 福祉部員以外の会員でこの様な活動に賛同頂き、一緒に活動されたい方は大歓迎です、是非お声掛けて下さい。     懇親会の報告、お知らせ   南支部懇親会   8月29日、木曜日に懇親会が会場を新たにして、County Hall、Sagami-yaで開催、参加者33名でレストランは満席状態であった。幸いにもこの日は貸し切であったので会食しながら会員の自己紹介、近況報告等も気兼ねなく出来、懇親会がただの会食の機会でないと言う事を再認識した。お料理も美味しく皆さん舌鼓を打っていられたようであった。 初参加の会員が体調不良で代わりに英人のご主人が参加されたが日本語が堪能で、日本人、或いは日本語を話すと言う会の主旨に適していた、又もう一名の新会員が参加された。     東支部懇親会   日時:10月12日(土)12:30から15:00頃まで 会場:Hare & Tortoise (Blackfriars) 所在地:90 New Bridge Street, London EC4V 6JJ  メニュー:寿司他お好みのものを自由選択予算:15 ポンド程度 問い合わせ先:ジョンソン妙子 taekoj@hotmail.co.uk  当日連絡先:田口 07840219028     北支部懇親会   日時:2019年11月20日(水)、12時15分より14時15分まで 会場:Cocoro Japanese Restaurant…

Read more »