Archive For The “ナルク” Category

ナルクUK活動報告

By |

英国日本人会福祉部ナルクUKで「英国の医療及びソーシャルケアシステムに関して」の講演会を10月4日2時より開催させていただきました。 同日は41名の方々に参加いただき、Nuffield Trustの医療政策のシニア・フェローであるNatasha Curry氏にNHS及び英国のソーシャルケアについてそのシステムの設立目的、その現状と今後、そして日本のシステムとの比較をご説明いただきました。   その後多くの参加者の方々から質問をいただきQ&Aを行うと共に、特別ゲストとして参加いただいていた、エジンバラ大学の認知症経験センターリサーチフェローの林真由美氏(Dr)と厚生労働省から在英日本大使館へ出向されている一等書記官の岸本哲也様にもコメントをいただきました。   まとめは別途英国日本人会のウェブサイトで公開させていただきます   ナルク11月度例会は11月22日(木)予定 福祉部ナルク合同忘年会予定。   ナルクヨガは大西先生の都合で次は11月17日(土)です。

Read more »

「英国の医療及びソーシャルケアシステムに関して」の講演会

By |

昨年よりナルクUKで進めているプロジェクトの人生を総括するための「エンディングノート」のナルクUK版を作成するための講演会の第2弾として、「英国の医療及びソーシャルケアシステムに関して」の講演会をNuffield Trustの医療政策シニア・フェローであるNatasha Curry氏に講師としてお越しいただき、10月4日に 開催させていただきました。   同日は英国日本人会及びナルクUK会員と非会員を含めて41名の方に参加をいただき、ナルクUKの設立時からアドバイザーとして携わってくださっているエジンバラ大学の認知症経験センターリサーチフェローの林真由美氏(DR)と、今年4月に第一弾として「日本の介護保険の現状とこれから」の講演をいただいた、厚生労働省から在英日本大使館へ出向されている一等書記官の岸本哲也様にも第2部の「日本のシステムから学ぶこと」においてパネリストとして参加いただきました。   まず、Curry氏からNuffield Trustが経済的・政治的に独立した機関で、NHSやソーシャルケアを含むヘルスケアを改善するためにリサーチや政策の分析を行っていることを説明いただきました。   そして、まずNHS(国民保険サービス)について説明いただき、それは1948年7月5日に①全ての人々のニーズに見合った②原則無料の③経済力ではなく医療のニーズで提供されることが3原則を持って設立されたとのこと。   そして、NHSがサービスを提供する環境が70年間に変化しているとし、まず人々の寿命が13年伸びていること、死亡原因が心臓病や脳梗塞が減少し結核が0となっているのに対し、糖尿病や癌や認知症及び精神疾患によるものが増え、国民保険サービスの需要が高まっていることをデータで紹介いただきました。   そのために、費用総額も1949年から1950年が4億ポンド(国民一人あたり9ポンド)でGDP比3.5%出あったのに対し、2016年から2017年は1440億ポンド(同2187ポンド)で7.3%と急増しているとのこと。しかし、英国は主要先進国では11位と平均で、日本は世界でも5位の高さであるとのこと。   NHSの費用は98.8%が税金で賄われ、その他の費用は薬の処方箋代など患者によって直接支払われるもの。   NHSの強みは病気を発症しても経済的に守られていること、効率的で事務費用が比較的低い、糖尿病や腎臓病などの慢性疾患の対処が良いのに対し、弱点は癌などの一般的な死亡原因とされる12種類の病気8種類でその対処が平均以下、生後1月以内の乳児の死亡率の高さ、助産婦以外のスタッフ率の低さとCTやMRIなどの普及率の低さ。   次にソーシャルケアについて説明をいただき、日本では介護保険制度のようなもので、長期に渡るケアで、障害や高齢によりサポートやケアが必要である際に人々が独立して生活できるように提供されるサービスであること。 英国におけるソーシャルケアは、地方自治体によって予算が組まれ、NHSのように無料でないこと、そして資力調査が行われ、その詳細は次の通り。   まず地方自治体が収入、貯蓄、不動産などを評価。障害者向け給付金などは除外。23,500ポンド以上は基本政府からのサポートは無く、14,250ポンド以下は全額サポートが入る。住んでいる住宅は次のような場合は資力として含まれない。①自宅に住んでケアを受けている場合②レスパイトケアなど短期で自宅を留守にしている場合③夫や妻や近親者や介護のために自分の家を出たケアラーが住んでいる場合など。   また、自宅売却は死亡するまで先延ばしすることができ、不動産の評価はその時点での市場価格からローンと売却手数料として10%を差し引いたもの。   (これはあくまでも一般的な情報なので個別のケースは専門家に聞くべきとのことです。)   一般的な平均的*費用は下記の通り。   Per week Per year Home care (14 hours per week) £210 £10,920 Full time daytime care at home £576 £30,000 24 hour care at…

Read more »

ナルクUK活動報告

By |

2018年9月13日に定例会場にて、運営担当者5名全員が参加して定例会がもたれた。 ナルクUKの独立の可能性 9月のJA理事会で、ナルクUK独立について討議されたことが部長により報告。2013年の設立以降、福祉部の下部機構として様々に調整しつつ機能してきた。万一、独立が実行される場合、周囲(JA,日本本部、福祉部等)との友好関係をどう保持するかなど、極めて、慎重、かつ長期的視点をもって取り組む態度が重要だろう。 10月4日のナルクワーク・ショップ「英国の医療及びソーシャルケアシステム」 「エンディングノート」のナルクUK版作成のため、就活の必要な各種の問題を皆様と共に考え、整理、記録するためのワークショップの第2弾です。医療、ソーシャルケア向上のリサーチを専門とするNuffield Trustの医療政策シニア・フェローNatasha Curry氏を講師にお迎えして開催されます。 講師のCurry氏が英語でスピーチされますが、ナルクUK発足からお力添え頂いている、エジンバラ大認知症研究所の林真由美氏(Dr)が日本語で丁寧に解説してくださいます。今回は、都合により、平日午後に下記の要領で開催されますので、皆様のご参加をお待ちしております。 日時 : 10月4日(木曜日)14:00 – 16:00 場所 : Farm Street Church, 114 Mount Street, Mayfair, London W1K 3AH テーマ : 「英国の医療及びソーシャルケアシステム」 講演は、英国の医療とソーシャルケアの基本、財源、ソーシャルケアの被対象者、今後の問題点、近い将来の医療とソーシャルケアの政策変更、介護保険制度を導入し高齢化社会への対応を進める日本から何を学べるかなどを主なテーマとし、引き続き、パネラーによる討論に移行。 参加費:ナルク会員 4 ポンド 、非会員 6 ポンド(家族で参加された場合はお一人分の会費のみをお支払いいただきます。お釣りの無いようにご用意ください。) ナルク会員はナルクポイントが1ポイント加算されます。準備の都合上、参加ご希望の方は、nalclondon@gmail.comまで氏名とナルク会員か非会員かを明記の上、9月30日(日曜日)までにご連絡下さい。 ナルク11月度例会は11月22日(木)予定 福祉部ナルク合同忘年会予定

Read more »

ナルクUK活動報告

By |

ナルクUKの月例会が8月16日にファームストリート教会小会議室で開催された。事務長、コーディネータ、IT担当、経理などの担当者が参加して、以下の議題が討議された。 ● ナルクの組織内での役割 英国に身寄りのない独居会員の高齢化や健康問題は、今後ますます深刻化するだろう。信頼できる後見人をどのように選定するか、施設選定の条件、などの今後の問題について 見が交換された。 ● 10月開催予定のワークショップの大枠合 日時:10月4日(木)14:00-16:00 会場:FarmStreet教会1階ホール 講師:Nuffield TrustのNatasha Curr氏(Senior Fellow in Health Polic) 9月1日頃、会員に一斉メール予定 会報とMixbにも掲載 ● ベビーシッターとホームスティ依頼への対応 期 :10月15日から19日まで、ロンドン外の移動先でのベビーシッターを求める問合せがあった。ナルクUKは、チャイルドマインダー、ベビーシッターの資格者以外を紹介することはできないため、人材募集広告が可能なMixb等を利用するよう依頼者に紹介することで合意。 ● 9月度ナルク例会予定 9月13日(木)10:30-12:30にFarm Street Church1階小会議室(予約済) ● ヨガ・ワークショップは会場の都合により9月は休会。

Read more »

ナルク活動報告

By |

Farm Street教会小会議室において、ナルクUK副代表、事務長、IT担当、コーディネータ、経理担当の参加により、2018年7月例会が開催された。以下が議事録の概略: ✴ナルク本部より届いた23回定時総会議案書/全国代表者会議の資料をチェック。 ✴5月25日、EU一般データ保護規則―欧州議会・理事会及び委員会がEU内のすべての個人のためにデータ保護を強化、統合するGDPRが施行された。JAも適用の対象であり、違反すれば制裁金が科される。ナルクUK会員リストは、個人名や住所が含まれる「個人データ」であるため、その処理(収集や保管)は厳格な規則遵守が要求されることに全員が留意する必要がある。 ✴9月30日(日)開催のジャパン祭りにナルク事務局員も有志で阿波踊りに参加で合意。 ✴Webサイト更新―ナルクUKのWebサイト更新はナルク事務局で更新する方向が決定 ✴ナルクUKはエンディングノート・ワークショップ第二弾として英国のケアホーム事情」を10月に開催する予定で合意。会場と講師依頼などの準備を早急に開始。 ✴ナルクUK8月例会は8月21日(火)10:30-12:30、Farm Street Church小会議室開催予定。 JAナルクUKへの問合せは email:nalclondon@gmail.com

Read more »

ナルク活動報告

By |

ナルク活動報告

ナルクUK6月例会報告 2018年6月12日(火曜日)、Farm Street 教会1階小会議室にて開催された。今月は事務局員の里帰や旅行などで3名の参加者だったが、真剣に話し合いが行われた。 一斉メールの件 成長途上にあるナルクUKの使命、設立理念、活動内容を会員の皆様により深く理解して頂くためには、広報活動が重要な役割を果たします。その一環として、各種のワークショップ開催を活動の中心に置いている。より多くの会員にご参加頂くための広報として、JA全会員向け一斉メールは効果的であり、IT担当者に今後ともご理解ご協力を要請する。 ヨガ教室 高齢者、身体的問題を抱える方向けにプログラムされ、健康増進が保障されるヨガ・ワークショップにより多くの会員が参加されるよう広報活動を活発化。 福祉部とナルク 先輩格の福祉部の「見守りプロジェクト」の活動とナルクの時間預託システムを効率的にリンクし活発化するための合同会議開催により意見交換する。 


Read more »

ナルク活動報告

By |

ナルク活動報告

ナルクUKの月例会が5月15日(火)にFarm Street教会小会議室にて4名が参加して開催され、以下の議題が討議された。   ナルク一斉メールについて :ナルクUK主催のワークショップのご案内に関する会員向け一斉メールは、現在、外注しているため、理事会でリマインダー一回に限定する方向が検討された。ナルクUKの運営面から考えると、回数限定は厳しいので、理事会に再考を検討の要望を提出したい。ヨガ教室のリマインダーは例会中に外注担当者から発信済。 オランダ・ナルクの訪英に対応:5月22日(火)に双方の抱える問題や情報を交換する懇親会を開催(静枝・敦子参加予定) 4月度ワークショップの参加名簿とポイント:貯まったナルクポイントの使い方が今後の課題 次回のナルクワークショップについて:10月中にエンディングノート・ワークショップ第三弾を開催予定。「英国の介護事情に関して」をテーマとして計画。   ヨガ・ワークショップのご案内 ナルクUK主催の月例ヨガ・ワークショップを下記の日程で開催致しますのでご案内申し上げます。 アイアンガー・ヨガは、 インドのアイアンガー師によって開発された流派です。ポーズの正確さ、整合性、 時間配分、順序 及び 用具使用 などを特徴としています。身体的に無理のない方法で安全に、正確に、整合性をもってポーズを達成するために備付の用具を用います。 年齢、柔軟性、体調などの個人差にかかわらず、体の弱い部分を強化し、硬い部分を柔らかくすることで、初心者の方も中級・上級者の方も同じポーズを無理なく実践し、各ポーズの効果が最大限に得られます。身体の動きをよりスムーズにしたり、疲労を回復させるなどの効果もあります。心身の均衡を保つことが究極の目的です。リピーターの方はもちろん、初めての方もどうぞお誘い合わせの上ご参加下さい。お会い出来るのを楽しみにしています。 日時: 6月23日(土)15:00~16:00 場所: Yogabase:257 Liverpool  Road, London N1 1LX 地下鉄Angel駅から北に向かって徒歩7分(www.yogabase.org.uk参照) 用具: スタジオ備付の補助具使用 服装: 運動着 参加費:  ナルク会員5ポンド、非会員6ポンド 大西敬子講師のプロフィール 国際関係学修士号取得後、金融業界で活躍。1979年にヨガに目覚め、アイアンガー・ヨガ指導資格を取得。現在は更なるヨガ訓練に専念しながら個人や法人グループにヨガを指導。   <ヨガ・ワークショップのお申込お問合せ> JA福祉部ナルク担当 email: nalclondon@gmail.com Tel: 07769 178752 (メールでご連絡ができない場合のみご利用ください。) 2018年度ヨガ・ワークショップYogabase開催予定日:7月21日(土)、8月11日(土)、11月17日(土)

Read more »

ナルク活動報告

By |

ナルク活動報告

ナルクUKの例会が2018年4月7日にファームストリート教会小会議室にて、事務局スタッフ全員参加で開催され、以下の議題が話し合われた。   * ワークショップ「日本の介護保険の現状とこれから」のワークショップは、参加希望が40名超と、前回に次ぐ好評のうちに閉会。ワークショップの概要はJAウエブサイトにリンクして閲覧可能。 * 次回ワークショップは7月に「英国のケア事情」をテーマに開催予定。 * ヨガ・ワークショップ * ナルクUKエンディングノート編集チームの編成に着手 * 5月度ナルク例会は5月15日(火)11:00-13:00@Farm Street Church小会議室を予約  

Read more »

ナルクUK活動報告

By |

ナルクUK活動報告

講演会のご案内 4月「日本の介護保険の現状とこれから」講演会のまとめ(PDF) 07/04/2018 昨年よりナルクUKで進めておりますプロジェクトである、それぞれの人生を総括するための「エンディングノート」のナルクUK版を作成するにあたり、今年は日英の法制度を含む様々な問題を皆様と共に考え、整理、記録するためのワークショップをシリーズで開催する予定です。今回は、厚労省から日本大使館に出向されたばかりの岸本哲也一等書記官による「日本の介護保険の現状とこれから」をお伺いすることになりました。老後は帰国をお考えの方はもちろん、検討中の方も含めて振るってご参加いただきたくお願い致します。 記 日時 : 4月7日(土)14:00 – 16:00 場所 : Farm Street Church, 114 Mount Street, Mayfair, London W1K 3AH テーマ : 「日本の介護保険の現状とこれから」 講師: 在英国日本国大使館 一等書記官 岸本 哲也様 参加費:ナルク会員 4 ポンド 、非会員 6 ポンド(ご家族で参加された場合は、お一人分の会費) ナルク会員にはナルクポイントが1ポイント加算されます。 準備の都合上、参加ご希望の方、nalclondon@gmail.comへ氏名とナルク会員か非会員かを明記し、3月31日(土曜日)までにお知らせ下さい。 NALC月例アイアンガーヨガ教室 日時: 4月21日(土)15:00~16:00 場所: Yogabase:257 Liverpool Road, London N1 1LX 地下鉄Angel駅から北に向かって徒歩7分(www.yogabase.org.uk参照) 用具: スタジオにある補助具を使用 服装: 運動着 参加費: ナルク会員は5ポンド、非会員は6ポンド 講師:…

Read more »

ナルクUK活動報告

By |

ナルクUK活動報告

*会員数は現時点で91名 今後も入会希望者には積極的にコンタクト *日本に帰国された佐藤典子JA会員が、ナルク神奈川拠点の横浜ブロックで特技の手芸を高齢者に教えるなどでご活躍 *新コーディネーターの募集を開始。 *ナルクポイントの年間ステイトメント送付時期変更 。年間ポイント集計は今年度から、9月末に集計し、新年度開始の10月に送付することに決定。 *ナルクUKは下記のワークショップ開催準備開始 日時:4月7日14:00~16:00 場所:Farm Street 教会小ホール テーマ:日本のケア事情 講師は追ってご案内 *マギーズ(癌患者の家族の精神的ケアをサポートするチャリティ団体)センター見学会(人数制限5人)斬新な設計で新たに建立されたロンドンのセンター見学会を検討しています。ご興味のある会員は、事務局までご連絡ください。 *3月例会予定:13日(火)11:00

Read more »