Archive For The “お知らせ News” Category

最新コロナウィルス情報・お困りの方へ

By |

最新コロナウィルス情報・お困りの方へ

新型コロナウィルスの勢力が留まる様子もなく、3月16日には英国政府は70歳以上、また既往症がある人に対しては自己隔離とされました。 皆さまにおきましては既に英国日本人会での各例会、同好会等がキャンセル、または延期となり、出かける機会、お喋りの機会を失い、それに輪をかけ今回の発令でお一人で淋しい思いやご不自由をなさっている会員の方もあるのではないでしょうか。誰かと話したい、メールを送りたいと思われる方、その他の面でもお買い物等ご不自由をなさっている方のために、英国日本人会として皆様に少しでもお役に立ちたく、もし何かお手伝いできる事がありましたらどうぞ遠慮なく下記にご連絡ください。 現在はFace Timeなどもあり、スマートフォンやiPadをお持ちの方は相手のお顔を見ながらの電話も可能です。 また、会員の皆様の中でもこの時期にご不自由をしている会員の方々のために、お力になって下される方も是非下記連絡先にご連絡ください。 事務局 winter@japanassociation.org.uk Tel 07957 548023 福祉部 taguchi@japanassociation.org.uk Tel 078402 19028 ナルク部 nalc@japanassociation.org.uk Tel 074030 11124 ◆ 感染者世界地図(常にアップデートされています) https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6 ********************** ●2020年5月11日 5月10日,ジョンソン英国首相は国民向けスピーチを行い,新型コロナウイルス・アラート・システム(Covid Alert System)の導入,現在導入されている規制措置に関する今後の緩和見通し等を発表しましたので,その概要についてお知らせいたします。 在宅勤務不可能な者の出勤奨励,屋外での運動の制限解除等,これまでに導入されている規制措置が緩和される点もありますが,現時点ではいずれの場合にも社会的距離(Social Distance)を保つ必要があるとされています。ご不便な日々が続きますが,今後,規制措置が更なる緩和となるまでは,不急不要の外出は控え,社会的距離の確保に努めるようにしてください。 本スピーチ全文については,以下の英国政府HPをご参照ください。 https://www.gov.uk/government/speeches/pm-address-to-the-nation-on-coronavirus-10-may-2020 5月10日,ジョンソン英国首相が国民向けに行ったスピーチの概要は以下のとおりです。 1 規制措置緩和のための5つの条件 現在導入されている規制措置を緩和するには5つの条件を満たす必要がある。 ○ NHSが守られていること ○ 死者数が持続的に減少していること ○ 感染者数が持続的に相当数減少していること ○ PPE(個人用防護具)を必要とする人々への十分な供給という課題が解決されていること ○ R値(感染症の再生産率)を1以上にし,数週間前に直面したような指数関数的な増加に確実に戻らないようにすること ※R値とは https://www.bbc.com/news/amp/health-52473523 2 新型コロナウイルス・アラート・システムの導入 新たな合同バイオセキュリティ・センター(Joint Biosecurity Centre)によって運営される新型コロナウイルス・アラート・システムは,5段階とされ,R値及び感染件数によってレベルが決定される。各レベルは社会的距離の制限措置の程度を強弱で表し,レベルが低いほど措置も緩く,レベルが高いほど措置は厳しくなる。ロックダウン期間中はレベル4とされ,現在,レベル3に向かう段階に入りつつある。 3 段階的な規制緩和 ○第一段階: 5月11日(月)からは在宅勤務が不可能な職業(建設業や製造業等)の者の出勤が奨励されるべきである。出勤の際は,社会的距離を維持するために,可能な限り公共交通機関を避け,出来れば車,徒歩,自転車を利用して欲しい。 5月13日(水)からは,屋外での運動を制限しない。屋外での運動(公園での日光浴やドライブ,家族でのスポーツ)が可能となる。ただし,社会的距離の規則には従わなければならず,規則を破る者については罰金を増額する。 日々のR値及び新規感染者数,成果をモニターし,条件を満たし始めた場合には,数週間・数ヶ月の後に更なる緩和ができるかもしれない。 ○第二段階: 最速で6月1日(ハーフターム終了後)から,店舗の段階的な再開や小学校に生徒を段階的に戻せる状況にあるであろうと信じている。 ○第三段階: 条件及び更なる科学的アドバイス次第ではあるが,各種データの裏付けが得られれば,最速で7月から一部のホスピタリティ産業及びその他の公共の場を,安全性と社会的距離が守られることを前提に再開したい。 4 英国入国時の隔離措置の導入 海外からの再感染を防ぐため,感染の程度が相当低くなった段階で,英国へ空路で入国する者に対し,隔離措置を導入する。 ----------------- 現在,当館では領事窓口を事前予約電話予約制としております。開館時間などは状況により変更となる可能性がありますので,下記リンクをお読みの上,10時から15時の間にお電話でご予約ください。 https://www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/Appointment.html 在英国日本国大使館 領事班 電話:020-7465-6565 ●4月16日 在英日本大使館より、領事業務有受付時間の短縮のお知らせが届きいておりますのでお知らせいたします。                  事務局 ***************** 英国における新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ,今後も適切な領事サービスを提供しつつ,当館における感染予防を徹底する必要があることから,4月17日(金)より当面の間,当館の領事窓口及び電話受付時間を以下のとおり変更いたします。 領事窓口及び電話受付時間…

Read more »

JA会員のみなさま

By |

JA会員のみなさま

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為、5週目の 外出禁止となりました。 何かご不自由をされている方はいらっしゃいませんか?   私たち会員でお手伝いできることがありましたら遠慮なくご連絡ください。     事務局 secretary@japanassociation.org.uk Tel 07957 548023     福祉部 welfare@japanassociation.org.uk Tel 078402 19028     ナルク部 nalc@japanassociation.org.uk Tel 074030 11124    

Read more »

日本食デリバリー 夢源レストラン

By |

日本食デリバリー 夢源レストラン

JA 65歳以上の会員のみなさまへ   JA 会員65歳以上対象の日本食デリバリーが4月1日より始まりました。当初の基礎食品から6日からは調味料の種類も増え、 冷凍食品も加わりました。 今回は満山理事宅に配達された時の模様です。詳細は皆さんにお送りした一斉メールを ご覧下さい。  

Read more »

コロナ川柳・短歌

By |

コロナ川柳・短歌

    ニッコリと 笑って挨拶 したいのに 期限切れ なんと沢山 捨てただろう 足るを知る 買いだめしても どこに置く 静けさに 鳥のさえずり 嬉しそう 目が覚めて 咳はないかと 確かめる   古沢イク子           どうしよう?  12週間後の 髪形ち! 一覧表、 コロナの数 not メダル数 2万人! まさか?の数が 現実に 災難を 知らずに逝った ひと(故人)偲ぶ Solidarity; ‘Clapping, honking, pan-hitting.’   須永 静江           行儀良く 並ぶ間隔 2メートル 菱形や マルやカップの マスク有り 咳 でそう グッと飲み込み 目に涙 車 無く 自転車天国 大通り バスが来て 乗ったら乗客 私だけ     竹内みどり           人の世の コロナ騒ぎも よそ事に ただひたすらに 桜咲きおり   常ならば 気づかず過ごす 藤の房 日々に色づき 膨らみ来るを  …

Read more »

思い出に残る桜の写真

By |

思い出に残る桜の写真

  約半世紀前、私が英国人と結婚すると両親に伝えた時家族会議で 反対され、その旗頭で大反対した兄が、その後3回に渡り私に会いに来てくれました。 そんなある日このしだれ桜を庭に植えてくれました。31年前になります。その大好きな兄も去年7月に逝ってしま いました。 四季にわたりこの木を見ては兄が偲ばれます。今年は 特別沢山の花を付けてくれたよう に思われます。   ヘールズ美保子         我が家の庭に咲いた日本産 『天の河』   渡邉道英         私のフラットは公園の中にあるの で毎日3Km弱のウォーキングを楽 しめます。この桜は毎年咲いてい るのですがいつも通っている所ではないので余り見る機会もないのですが、今年はロックダウンのお陰で普段通らない所も毎日歩きこの桜の木も芽がふくらみ始めてから満開まで楽しむ事が出来ました。   ウィンター千津子         コロナウイルス感染予防の為、私達夫婦は3月10日を最後に孫の世話も止め自主隔離を始め今日で約 1ヶ月が過ぎた。 こんなに主人と24時間ベッタリの 時間を持つのは始めてのことー多分これは殆どのカップルが経験し ていることであろうー幸いに今までのところ喧嘩もせず1日1回散歩に行くか畑に行くかして規則を守っている。   先日イタリアのサーデ イニア島出身である隣の畑の持ち主との会話。   私「世の中、凄い事になっているけど、全てが悪い事ばかりではないですね。あんなに酷かった若い人達のナイフ犯罪も無くなったし、大気汚染も少なくなったし。。。。」   彼「そうだよ。イタリアの海にイルカが戻ってきたんだそうだ。」   と嬉しいそうな返事。   感染して亡くなった人、その遺族、今未だ闘病中の人、収入が無くな って途方に暮れている人等沢山の被害者がいる中で少々気が引けるが、私自身はこんなに何の日程も計画もない平穏な毎日を送ることが 出来る今を感謝している。 一昨日、[LINKAGE]というロンドン大学医学部のCOVID-19プロジ ェクトに協力した。 ボランティアの若い男性が来て、血液と喉のサン プルを取って行った。 これから毎週電話をくれ、症状があるか無いかを調べるそうだ。もしあれば、完全防止体制でもう一度自宅訪問するとか。これはこの新しいウイルスがどんな人に感染しどのような経緯でそれが酷くなってゆくか又新しい薬を開発するために沢山のサンプルを収集するというリサーチということだそうだ。…

Read more »

自宅での過ごし方や近況をご紹介します

By |

自宅での過ごし方や近況をご紹介します

ビドル恵さん 『おりがみ』     折り図を見てぜひ挑戦してみてください!         川西弘子さん 『近況報告』   ジムは先週の3月21日から閉まり、ゴルフ場も閉鎖、快晴の毎日なのに何処にも行けない。あ~~ヤンなっちゃう。歩きに行っても、人が向こうから来たら、道路を渡って向こう側、2メートル間隔厳守。後ろから音もなく近ずいてくるジョガーがいるから、息を吹きかけられないように注意!神経質になりすぎかなぁ。 隣のシシリア人云く、イタリア等ヨーロッパ人は政府のアドバイスに従わないから、多くの患者、死者が発生している。スペインもアスタマニャーナ、イタリア人と似たようなメンタリティー。 それに比べて、日本等アジア人は規律を守るから、better controlledなのだそうだ。 暗いニュースの毎日、自然は春を告げています。 昨日のお昼頃、ダックの夫婦(?)が訪れ、夕方には、あそこの家に行けば食べ物もらえ るよと、友達誘って、雄3羽、雌1羽がやって きました。     このハイビスカスは去年の12月に霜に当てられ葉はすっ かり枯れてしまったので、室内に入れて枝を剪定したら、 枯れ枝から小さな芽を吹き出し見事に咲いています。(花咲か婆さん?)私たちもこの 危機を乗り超えたら、ハイビスカスのように強くなれます。頑張りましょう!         97歳の原三郎さん『近況報告』   Lockdownが始まって2週間になりますが、幸いにも97 歳の父は動揺することもなく、毎日穏やかに過ごしています。長生きと健康の秘訣は?と改めて聞いたら「くよくよしないで前向きに生きること」と言っていました!一緒 に住んでいる姉も私も学ぶことが多いです。     さてこのself-isolationで本当に幸いなことは、うちの近所 の人たちの人助けと親切心です。皆でWhatsupグループ を作り情報の共有、連絡を頻繁にやり取りしているのです が、2日前年配の女性Gayが、自分の車に男性か寝泊りしていたようで、下着とケースを置いて行った。気持ち悪いのでプロに清掃してほしいのだがどこに連絡しようか、との問いがありました。すぐ6ヶ月前に出産したばかりのPaulaが手袋をはめて清掃の手伝いをするとメッセージしてきて、その直後にMarcelが僕がすると。Gayはすっかり感動して、「でも皆に感染してほしくないから警察に連絡してみる」と。   結局今日Marcelが自分の車を掃除するときに一緒に Gayのもすることになりました。その後、lockdownが終わっ たらパーティーをしようとの提案があり、皆即座に同意。「やっと希望が見えてきた」との、メッセージも。何か 近所同士の絆が強くなった感じがします。   不安と緊張が多い時に、このようなやり取りを目にすると本当に心が和みます。ある著名なアメリカの医者の podcastを聞いていたので す が 、このような時、love and unityが一 番大切と言っていたのが…

Read more »

会員紹介

By |

会員紹介

今月は各分野でご活躍されている3名のJA会員をご紹介します。   田口晴恵さん   手ごろな価格で、美味しい和菓子をロンドンで34年   赤茶色のドアを開けて一歩入ると、カステラのほのかに甘い匂いが鼻をつく。 そこは和菓子の別世界。赤いオーバーオールを着て 白いネット帽をかぶった約15人の従業員が、どら焼きをほぼ手作りで製造している。 ここはロンドン郊外フォレストヒルにある田口晴恵さんが34年間かけて育てた Wagashi Ltdの工場。ジャパンセンターはじめロンドンのほぼすべての日本食品店、YO Shushi、Wasabi,で販売しているどら焼きは晴恵さんの製品。 パッケージング (と小売価格)は販売店によって違うが、中身はまったく同じ。日本 から空輸されたあんがたくさん詰まっているWagashi Ltd製どら焼き。今はさらに、抹茶マスカポーネ、レモンチーズケーキ、カスター ド等全12のフレーバーが揃っている。     無論中身も「皮」もすべてこの工場で作られている。「美味しい、と言われるのがやっぱり一番 うれしいです。」晴恵さんは二階の休憩室のソファーに座って目を 細めて言う。.和気あいあいとした雰囲気が漂う工場。従業員は日 本人7人を含む21人。シフト制で朝4時から製造は始まる。「皆よく 働いてくれています。」と晴恵さん。 実は、晴恵さんの実家は、東京千住にある喜田家という歴史65年 を誇る和菓子屋さん。父親の栄一さんが1955年設立し、今はエネ ルギッシュな姉の恵美子さんが経営し、大納言どら焼き、「千住最中」、「江戸太鼓」饅頭等を全国20店舗で販売している。そこで生まれ育った晴恵さんが、「ロンドン店」を夫のピーターと一緒に設立したのは34年前。 その間本家恵美子さんの支援とアドバイスに 支えられてきた。ベテラン職人を東京から派遣してくれた時もあ る。「本当に皆の協力でここまできました。」と晴恵さん。 晴恵さん のモットーは、「美味しく、手ごろな値段で、皆に喜んでもらえる和菓子を作ること」。これは父栄一さんのモットーでもあった。 敬虔な クリスチャンでもある晴恵さんは、慈善事業にも熱心で、自社製品 を頻繁にチャリティーイベントに寄付している。昨年の日本人会の 忘年会にも大量に寄付して下さった。EUの規制に従い、どら焼き はすべて製造直後冷凍され、出荷されている。でも、その小売店の 解凍技術によって美味しさが多少異なることがある、と晴恵さん。 むろん英国在住の日本人は重要なお客様。しかし今大半は、ヨー ロッパのオリエンタル食品店に収められている。昨年暮れからドイ ツから大量注文が入るようになり、対応に四苦八苦している。ドイ ツの注文は抹茶マスカポーネとレモンチーズケーキ。一時は機械化も検討したが、従業員の希望もあり、 今までどおり手作りを続けることにした。 「大きくしようとは思っていません。今まで通りに家族的に運営して、働いてくれ る人と一緒に幸せを築きたいです。」と 晴恵さんは笑顔で話してくれた。     文: 原信子 注: COVID-19の影響で、真に残念ながら、Wagashi Ltdも3月 27日限りで、生産を停止しました。このパンデミックがおさまり、一 日も早く生産再開となる日を祈ります!…

Read more »

同好会報告とお知らせ

By |

同好会報告とお知らせ

スマホ同好会   4月7日(火)、スマホ同好会として初めて皆さん在宅のまま、Online Zoomミーティングを予定通り開催し、日本から2名、元産経 新聞ロンドン支局長の木村正人氏もゲストとして、総勢25名の参加でした。 初めてのOnline Zoomミーティングの為、最初は 数名の方がマイクが繋がらず声が入らない、カメラが写らない、 パスワードが分らない等々、色々トラブルもありましたが何とか会を始める事が出来ました。 久し振りの方も多かったので最初に皆さんの自己紹介、来英後の生活、最近のコロナウイルスでの困難をどの様に乗り越えつつ暮らしているかの近況報告等々、情報交換しました。 その後、Zoomの操作方法として、画面共有、チャ ット、ミュート・アンミュート、Speaker ViewとGallery Viewの切 替え、Gallery Viewの右・左へ画面のスワイプ、Zoomの無料版と £11.99の有料版の違い、Zoomのセキュリティ問題等についても Q&A がありました。何はともあれ皆さんのご協力により、何とか 第一回スマホ同好会 Online Zoomミーティングは無事終える事 が出来、ほっとしております。     ▍今月のアプリ-Zoom cloud   Zoom cloud meetings はパソコンやスマ ートフォンを使って、セミナーやミーティン グをオンラインで開催するために開発されたアプリです。iphone、iPadではApp Storeで無料のアプリをダウンロードしま す。サインアップするにはメールアドレス、氏名、パスワードが 必要です。サインアップのあとはミーティングIDとパスワードで ミーティングに参加できます。ビデオの使用は選べるので音 声だけで参加することも可能です。ミーティング前にサインア ップされていない場合でもミーティングIDとパスワードでミー ティングに参加する事もできます。     ▍スマホ同好会 Online Zoom ミーティング予定   毎週火曜日、午後12時~3時、 4月21日(火)、4月28日(火)、5月5日(火)、5月12日(火)、 5月19(火)、5月28(火) 途中参加・途中退出も自由です。 備考 : わからないことを遠慮なく質問したり、最近発見したことを皆さんにシェアーするなど、参加者の全員が平等に発言して、情報交換できる会です。…

Read more »

文集部

By |

文集部

未だに新型コロナウイルスが猛威を振う今日現在ですが、この お知らせがお手元に届く頃には、少しは下火に・・・というニュー スが出始めることを、祈るばかりです。 『英国春秋』春号(No.36)が完成いたしました。ご投稿いただきました皆様、大変有難うございました。E-文集はすでに皆様に送信済みですが、文集本誌は会報と共に4月下旬の郵送となりますので、今しばらくお待ちください。 次号、秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご 投稿下さい。文集発行は、10月初旬を予定しています。     『英国春秋』2020年秋号(No.37)   タイトル:フリー又は  秋号特集「初恋の記」または「失恋の記」   そろそろ時効だから話しても・・・ と思われる方、いやまだまだ心の痛みが消えやらぬと思われる方は恋愛 感情なしの「忘れられぬ人」でも結構です。   原稿締切:2020年9月15日(ただし原稿は随時受付) 字数:A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先:ogawa@japanassociation.org.uk  

Read more »

福祉部

By |

福祉部

今月はCovid-19感染防止の為、Farm Street Churchで開催される福祉部例会が開かれず全ての情報はメールを介して報告となりました。 毎日のコロナウイルス感染に関するニュースで感染者数、死者の数が日ごとに増えている現状の中で見守りプロ ジェクトの対象者である会員のお一人がコロナウイルスに感染 され入院されました。 入院された経緯は自宅で倒れられ意識不明になり、救急車を呼ぶのは時間が掛かるので息子さんが直接 A&Eに連れて行かれたそうです。福祉部では知らせを受け早 速ご主人にコンタクトしましたが残念な事にご主人もその時は体調が優れずご子息がご自宅で面倒を看ていられるとの報告 がありました。 幸いにも会員は比較的軽症であった様でその翌週には退院され今はご自宅で安静にされていらっしゃいます。本日(4月11日)ご本人にお電話でお話することができ、ご主人と Crossward Puzzleに興じられるまでにご回復されたとの事で話し声もしっかりとしておられました。ご本人にご了解を頂き今月の会報に記載しております。 一日も早いご全快をお祈りします。 その他見守りの対象では嬉しい事に特筆すべきことはありません。 ご家族と一緒に住んでいられるか、中にはご夫婦二人だけのご 家庭でも近所の方がお買い物等の手助けをして下さる様でこの大変な時期を皆さんが兎も角無事過ごされていられるので安堵 しています。この様な時節柄、福祉部員も会員との接触もままならず今まで以上に頻繁に電話、メール、手紙での安否確認を積極的に続けております。 幸いにもサポートを必要とされている会員がいないので今後も会員の皆様が感染防止に細心の注意を払 ってStay at Homeを実行してください。 現在ケアホーム訪問は 禁止されてますが定期的にホームに電話をしてお元気か否か問 い合わせし、できれば会員と直接会話を持つようにしています。   懇親会   予定していた懇親会も全て中止となり今月は報告がありません。 福祉部のメールアドレスを新たに作成致しましたので今後は下記のアドレス宛にお送りください。   welfare@japanassociation.org.uk 尚、携帯電話は今までと変わらず田口晴恵、07840219028です。 ヘルプが必要な方はご遠慮なくご連絡下さい。     追悼文「故佐和子さんを偲んで」   ベラルディー佐和子さんは北支部の会員でした から、顔を合わせる機会は多々ありました。私が親しくお話をするようになったのは佐和子さんの 「見守り」を始めた2019年の秋頃だったと思います。元気な頃は、紅葉会、映画同好会、墓地清掃、懇親会、その 他に参加されて活動や行事を楽しまれていました。その後体調を崩されて歩行が困難になったことからずっと自宅で療養されるようになり、話し相手にと、私が何回かお宅にお邪魔して世間話や近況、JAのことなどで会話を楽しんでいました。 猫が大好きで四 匹飼っておられ、私が最後にお宅をお邪魔した2月にはそのうち一匹が病死した時で悲嘆の様子でした。佐和子さんはとても律儀な方でした。メールをされない佐和子さんとの交信は電話か手紙でした。私が手紙を送ったり、JA関連のお知らせを届けると決まって その日のうちお礼の電話を下さる方でした。     思いやりのある方でもありました。ご本人が病身であるにも関わらず昨年夫と死別した私のことを案じて下さり、お電話や、訪問時に親切な言葉で慰めてくださいました。そのような気遣いがとても嬉しく感じました。ご主人も大変献身的に佐和子さんのお世話をされておられて感動しました。 運悪くこのような時世ですので、佐和子さんの御葬儀に参列して最後のお別れが出来ないことが悔やまれてなりません。 心より故人の ご冥福をお祈りいたします。合掌   バンダースケイフ 日出美

Read more »