Archive For The “文集部” Category

文集部

By |

文集部

皆様はつつがなくお過ごしでしょうか。 時はまさに輝かしい皐月、森に行けばもう ブルーベルは終わりましたが、サンザシや シャクナゲの花々咲き誇り、木々の若葉が 萌えるようで、落ち込んだ心を癒してくれ ます。そうですね、あともう少し、元気で行きましょう。 次号、秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご 投稿下さい。文集発行は、10月初旬を予定しています。     『英国春秋』2020年秋号(No.37) タイトル : フリー又は 秋号特集 「初恋の記」または「失恋の記」そろそろ時効だから 話しても・・・ と思われる方、いやまだまだ心の痛みが消えやらぬと思われる 方は恋愛感情なしの「忘れられぬ人」でも結構です。   原稿締切 : 2020年9月15日(ただし原稿は随時受付) 字数 : A4 2∼3枚 (出来ればワード添付) 送付先:ogawa@japanassociation.org.uk

Read more »

文集部

By |

文集部

未だに新型コロナウイルスが猛威を振う今日現在ですが、この お知らせがお手元に届く頃には、少しは下火に・・・というニュー スが出始めることを、祈るばかりです。 『英国春秋』春号(No.36)が完成いたしました。ご投稿いただきました皆様、大変有難うございました。E-文集はすでに皆様に送信済みですが、文集本誌は会報と共に4月下旬の郵送となりますので、今しばらくお待ちください。 次号、秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご 投稿下さい。文集発行は、10月初旬を予定しています。     『英国春秋』2020年秋号(No.37)   タイトル:フリー又は  秋号特集「初恋の記」または「失恋の記」   そろそろ時効だから話しても・・・ と思われる方、いやまだまだ心の痛みが消えやらぬと思われる方は恋愛 感情なしの「忘れられぬ人」でも結構です。   原稿締切:2020年9月15日(ただし原稿は随時受付) 字数:A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先:ogawa@japanassociation.org.uk  

Read more »

文集部

By |

文集部

春号の原稿を下記要項で 募集いたしますので、奮っ てご投稿下さい。 文集発行 は、4月初旬を予定しています。 人の心は自在にタイム・スリ ップ出来るから便利。春号 の特集は皆様にはるか昔、おおよそ613,200時間くらい遡っ て子供時代の夢を語っていただければと思っています。 『英国春秋』2020年春号(No.36) タイトル: フリー又は  春号特集 「私はこれになりたかった」 子供の頃には色々と夢がありました。「大きくなったら、機関 車の運転手に、看護婦さんに、マジシャンに、バレリーナに」等、 一つでも二つでも思い出すままに書き綴ってみてください。 原稿締切: 2020年3月15日 (ただし原稿は随時受付) 字数: A4 2~3枚  (出来ればワード添付) 送付先: ogawa@japanassociation.org.uk

Read more »

文集部

By |

文集部

春号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご投 稿下さい。文集発行は、4月初旬を予定しています。 先日、クリスマスの飾りを箱にしまいながら、ふと手を休め て、約1年後のこれを箱から出す作業を思い浮かべてしま いました。 人の心は自在にタイム・スリップ出来るから不思議ですね。 春号の特集は皆様に大きくタイム・スリップしていただいて、 はるか昔、子供時代の夢を語っていただければと思っています。   『英国春秋』2020年春号(No.36)     タイトル: フリー又は 春号特集 「私はこれになりたかった」   子供の頃には色々と夢がありました。「大きくなったら、機関車の運転手に、看護婦さんに、マジシャンに、バレリーナに」 等、一つでも二つでも思い出すままに書き綴ってみてください。   原稿締切:2020年3月15日 (ただし原稿は随時受付) 字数:A4 2〜3枚  (出来ればワード添付) 送付先:ogawa@japanassociation.org.uk 

Read more »

文集部

By |

文集部

次号、春号の原稿を下記要 項で募集いたしますので、 奮ってご投稿下さい。 文集発行は来春、4月初旬 を予定しています。 来年の話をすると「鬼が笑う」と日本では言いますが、 大いに鬼様にも笑ってもら い、楽しい新年を迎えたいものです。令和の2年目、うるわ しい年になりますように。   『英国春秋』2020年春号(No.36) タイトル  : フリー又は  春号特集 「私はこれになりたかった」 子供の頃には色々と夢がありました。「大きくなったら、機関 車の運転手に、看護婦さんに、マジシャンに、バレリーナに」・ ・・等、一つでも二つでも思い出すままに書き綴ってみてくだ さい 原稿締切: 2020年3月15日(ただし原稿は随時受付) 字数: A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先: ogawa@japanassociation.org.uk 

Read more »

文集部よりお知らせ

By |

文集部よりお知らせ

文集『英国春秋』秋号(No35)が完成いたしました。お忙しい中ご投 稿いただきました皆様、大変有 難うございました。既にお手元に 送付済みですので、E-文集とも ども合わせお楽しみ下さいますように。 次号、春号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮って ご投稿下さい。 文集発行は来春、4月初旬を予定しています。   『英国春秋』2020年春号(No.36) タイトル: フリー又は  春号特集 「私はこれになりたかった」 子供のころは色々と夢がありました。 「大きくなったら、機関車の運転手に、看護婦さんに、 マジシャンに、バレリーナに」・・・等、一つでも二つでも思い 出すままに書き綴ってみてください。     原稿締切: 2020年3月15日(ただし原稿は随時受付) 字数: A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先 : ogawa@japanassociation.org.uk

Read more »

文集部よりのお知らせ

By |

文集部よりのお知らせ

『英国春秋』秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご投稿下さい。 文集発行は10月初旬を予定しています。   『英国春秋』2019年秋号(No.35) タイトル : フリー又は  秋号特集 「忘れられぬ人、出来事、思い出、旅、 等々」 新しい元号「令和」が始まり、昭和・平成が次第に遠のいて行くようで、少々心寂しさを覚える昨今です。そこで、昭和・平成を通して皆様の「思い出の箱」から、何か心に残る一話をご披露していただければと思っています。   原稿締切:2019年9月15日(ただし原稿は随時受付) 字数  : A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先 : mailto:ogawa@japanassociation.org.uk 

Read more »

文集部よりのお知らせ

By |

文集部よりのお知らせ

『英国春秋』秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご投稿下さい。 文集発行は10月初旬を予定しています。     『英国春秋』2019年秋号(No.35) タイトル : フリー又は  秋号特集 「忘れられぬ人、出来事、思い出、旅、 等々」 新しい元号「令和」が始まり、昭和・平成が次第に遠のいて行くようで、少々心寂しさを覚える昨今です。そこで、昭和・平成を通して皆様の「思い出の箱」から、何か心に残る一話をご披露していただければと思っています。   原稿締切:2019年9月15日(ただし原稿は随時受付)   字数  : A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先 : ogawa@japanassociation.org.uk

Read more »

文集部よりのお知らせ

By |

文集部よりのお知らせ

『英国春秋』秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご投稿下さい。 文集発行は10月初旬を予定しています。     『英国春秋』2019年秋号(No.35) タイトル : フリー又は  秋号特集 「忘れられぬ人、出来事、思い出、旅、 等々」 新しい元号「令和」が始まり、昭和・平成が次第に遠のいて行くようで、少々心寂しさを覚える昨今です。そこで、昭和・平成を通して皆様の「思い出の箱」から、何か心に残る一話をご披露していただければと思っています。     原稿締切:2019年9月15日(ただし原稿は随時受付) 字数  : A4 2~3枚 (出来ればワード添付) 送付先 : ogawa@japanassociation.org.uk

Read more »

文集部からのお知らせ

By |

文集部からのお知らせ

文集『英国春秋』春号(No34)が完成いたしました。 今号も多くの作品が寄せられ、制限ページ数超過で次号に続編をお願いしたケースが出てしまうほどになりました。お忙しい中ご投稿いただきました皆様、大変有難うございました。既にお手元に付済みですので、E-文集ともども合わせお楽しみ下さいますように。 次号、秋号の原稿を下記要項で募集いたしますので、奮ってご投稿下さい。文集発行は10月初旬を予定しています。   『英国春秋』2019年秋号(No.35) タイトル:フリー又は秋号特集「忘れられぬ人、出来事、思い出、旅、等々」 新しい元号「令和」が始まり、昭和・平成が次第に遠のいて行くようで、少々心寂しさを覚える昨今です。そこで、昭和・平成を通して皆様の「思い出の箱」から、何か心に残る一話をご披露していただければと思っています。 原稿締切:9月15日(ただし原稿は随時受付) 字数:A4 2~3枚(出来ればワード添付) 送付先:ogawa@japanassociation.org.uk

Read more »