Archive For The “二水会” Category

6/9 二水会のご案内

By |

6/9 二水会のご案内

日時:6月9日(水)午後8時より 演題:大英博物館ミステリーツアー 参加費:無料 世界に冠たるミュージアム、大英博物館にはロゼッタ・ストーンやパルテノン彫刻群などのハイライト以外にも、珍品、迷宝が山とあります。 当館の元アシスタントキューレーターだからこそ知る、収蔵庫に眠ったままの知られざコレクションを掘り出し、世界の品々にまつわるストーリーをユーモアを交えながらわかりやすく語ります。 (例) バンクシーの置き土産、ゴヤの「怖い版画」、マーメイドのミイラ他、数点 (注意)内容にはセクシャルな物も含むため、16歳以下のお子様のご参加はご遠慮ください。 講師:吉荒夕記(よしあらゆうき)様 <プロファイル> アートローグ主宰 ミュージアム・コーディネーター、ロンドン・ガイド、博物館学・美学研究者 名古屋市出身。大阪、吹田市にある国立民族学博物館でミュージアム・エデュケーター(教育担当官)として勤務。 ミュージアムと社会の関係に興味をいだき、博物館学で最先端の英国で勉強することを39歳の時に決意、2002年イギリス留学。レスター大学大学院の博物館学部で修士課程修了、ロンドン大学SOASの美学部にて、博士号を取得。博士課程の間、大英博物館のアジア部門でアシスタントキューレターとして働く。2012年、アートローグ立ち上げ、日英間ミュージアムのコミュニケーション促進、在英邦人向けの西洋美術史・歴史の講義、旅行者向けプライベート・ガイドを提供。毎年5〜7月は、ロンドンを中心に歴史サブカルチャー散策を実施し、大変な人気を博している。この10年はストリートアートに深い関心を覚え、2019年に日本ではじめてのバンクシー関連の単行本を上梓した。世界的なネットニュースであるハフィントンポストに、アート関連の記事を書いている。主な書籍:『バンクシー:壊れかけた世界に愛を』(2019美術出版社)3刷り目を突破、2022にはロシア語訳が出版予定 『美術館とナショナル・アイデンティティー』(2014玉川大学出版) アートローグ:公式ホームページ https://www.artlogue.net/ アートローグ:在英邦人向けホームページ(現在、ロンドンの歴史サブカルチャー散策を告知) https://www.artlogue.online ハフポストの記事 https://www.huffingtonpost.jp/author/yoshiara-yuuki *会場:皆様のご自宅でご参加いただけます。 *会費:無料です。 *参加申し込み: 下記のリンク先よりお申し込みください。 https://forms.gle/mCKRAJvWzLTkPUMM8 **500名までの参加が可能になります。 ★参加受付確認のお願い:Zoomへのアクセス方法は開催3日前にご案内する予定です。開催2日前の時点で案内メールが届いていない場合は、迷惑に分類されていないかご確認ください。見つからない場合には、nisuikaijapanassociation@gmail.com (二水会専用アドレス)まで再度ご連絡ください。 二水会幹事 伊東敬行

Read more »

二水会

By |

二水会

● 3 月二水会の報告●   講師:平井元喜様 演題:「世界の心をつなぐ」 ∼五感・六感を呼び覚ませ!音楽と不思議な力∼ 参加人数:55 名   不勉強でしたが、平井さんは英国日本人会の中でもご存知な 方が多いということが、講演の準備を進めるに従ってわかっ てきました。「来月は平井さんですね、楽しみにしてますよ」 という声を聞くにつれ、嬉しく思いました。講演当日には、音 楽現代という雑誌の方から連絡をいただき、原稿を書くため に平井さんに質問をしたいとのご依頼がありました。雑誌に も載るほど有名な方だと、これまたミーハーな発想とは思い つつ、そうに違いないと講演が始まるのをドキドキして迎えま した。(二水会を取材したいという依頼ではなくて、残念!) 最初に自己紹介をされたところで、私と同い年ということがわ かり、その後のお話全てを自分と置き換えて興味深く伺いま した。題名にもある通り、五感・六感についてのお話から始 まりました。 心で感じることが大切だと、星の王子様のお話 がありました。「心で見なくちゃ、物事はよく見えないって事さ。 肝心な事は目では見えないんだよ。」とてもいいセリフをご紹 介いただきました。 このストーリーが好きで、英語版を数年 前に買って今でも手元に置いている私は、もしかしたら自分は 音楽の心があるのかも知れない、となんだか少し嬉しくなり ました。今から音楽を学ぶ事は可能なんだろうか、とワクワ クしながら、その先のお話に聞き入りました。 音楽をいろいろな角度から見る話は、とても興味深く感じま した。自然・こどもと音楽との共通性は、なるほどと合点が いきました。自然との接点は、近所のオリンピックパークにジョ ギングに行く以外には、ほとんどない最近の生活を思わず振 り返りました。「ロジックは A から B に導くけれど、想像力は どこへでもあなたを導いてくれる」アインシュタインの言葉を 初めて聞き、ドキッとしました。 私が携わっている会計の仕事は、ロジカルシンキングが大切だ、という言われることが 多く、決められた事を、決められた形で行うことが求められ る場合が少なくないため、音楽とは遠ざかる生活を送ってい るんだなー、となんだか少し寂しくなりました。 音楽を学ぶ 事を断念しました。 忙しい=心を亡くすこ とで、音楽があると笑 顔がある、その通りだ なあと思いました。 東 京で仕事をしていた頃、…

Read more »

5/12 二水会のご案内

By |

5/12 二水会のご案内

5月二水会のお知らせ(2021) 日時:5月12日(水)午後8時より 演題:「Brexitとコロナで英国はこれからどうなる」 参加費:無料 在英14年、ジャーナリスト歴38年の元産経新聞ロンドン支局長で国際ジャーナリストの木村正人がBrexitとコロナのこれからを大胆に占います。みなさまも是非、議論に参加して下さい。 講師:木村正人(きむらまさと)様 <プロファイル> 1961年大阪生まれ。元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。大阪府立天王寺高卒、京大法学部卒、産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。 2000年、警察刷新委員会で意見陳述。大阪のひったくり報道で坂田記念ジャーナリズム賞海外研修対象部門取材チームの代表として受賞。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。元慶応大学法科大学院非常勤講師(憲法)。 著書に『EU崩壊』(英誌エコノミストのビル・エモット元編集長推薦)『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』『欧州絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』。共著『税金考』『戦後史開封』『現代ひったくり事情』。Yahoo!Japanニュース個人『木村正人のロンドンでつぶやいたろう』は1億8千万PV突破。 筆者のことをもっと知りたい人は以下のリンクを御覧ください。 動画 https://news.yahoo.co.jp/byline/yahooroupeiroapp/20171019-00077079/ ニューズウィーク誌 木村正人の欧州インサイドReport http://www.newsweekjapan.jp/kimura/ Yahoo! Japan ニュース個人 http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/ 文春オンライン http://bunshun.jp/search?fulltext=%E6%9C%A8%E6%9D%91%20%E6%AD%A3%E4%BA%BAウェッジ http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7679 BLOGOS http://blogos.com/blogger/masakimu41/article/ 国際情報サイト、フォーサイト http://www.fsight.jp/search/author/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%AD%A3%E4%BA%BA *会場:皆様のご自宅でご参加いただけます。 *会費:無料です。 *参加申し込み: 下記のリンク先よりお申し込みください。 https://forms.gle/4YMgEMskjotSCbWs6 **100名までの参加が可能になります。 ★参加受付確認のお願い:Zoomへのアクセス方法は開催3日前にご案内する予定です。開催2日前の時点で案内メールが届いていない場合は、迷惑に分類されていないかご確認ください。見つからない場合には、nisuikaijapanassociation@gmail.com (二水会専用アドレス)まで再度ご連絡ください。) 二水会幹事 伊東敬行    

Read more »

二水会

By |

二水会

● 2 月二水会の報告●   講師:早乙女健之様 演題:60 歳からの俳優業(エキストラ) 参加人数:55 名   早乙女さんが俳優をされていらっしゃると伺ったのは、2019 年の JA 総会・忘年会があった12 月でした。 物腰柔らかい、 穏やかな方だと思ったのが第一印象でした。二水会の講師を 引き受けていただけることになり、エキストラをされていると 仰っていましたので、インターネットに何かしら出ているかも しれないと思って検索したところ、びっくり仰天でした。たく さんの映画、舞台、テレビドラマなどに出演されているでは ないですか!   講演には早乙女さんをご存知の方、俳優ってどんな感じなん だろうと興味津々の方など大勢の方にご参加いただきました。 会社勤めのサラリーマンから 60 歳で俳優業に挑戦されたと いうことでしたので、私はその経緯に興味がありましたが、 奥さんに勧められてということで、さらりとお話され、誰でも できますよ、と仰るので、本当に誰でもできるよな錯覚に陥り ました。いやいや、そんなはずはない、と思って聞いていると、 監督から急にテーブルの上で踊れというリクエストがあったり、 覚えてきたセリフが当日違うセリフになっていたことがあった り、撮影現場に行って一日待っていた挙げ句に出番がなくなっ たりなどのお話があり、やはり様々な経験をされた上での現在があるのだと納得しました。エキストラは、待っている間も 大きな部屋に大人数で待たされ、俳優になると個室のキャビ ンが与えられるということで、待遇の違いや厳しさもわかりま した。 映画以外にも、舞台やボイスオーバーもされていたということ で、活躍の幅広さを教えていただきました。3.11 震災の話に ついて BBC が作成されたラジオのナレーションも早乙女さん がされたとのお話があり、今年は震災から10 年、また、講 演の翌日は 3.11 であったため、不思議な縁を感じました。 質疑応答では、「HSBC をやった時には」というフレーズが何 回か出ていて、しばらく質疑応答のやり取りを聞いているう ちにようやく意味がわかりました。HSBC のテレビ…

Read more »

4/14 二水会のお知らせ

By |

4/14 二水会のお知らせ

4月二水会のお知らせ(2021) 日時:4月14日(水)午後8時より 演題:「世界の心をつなぐ」〜五感・六感を呼び覚ませ!音楽とその不思議な力〜 参加費:無料 人は目に見えないものに恐れ慄きます。震災後10年が経ちますが「放射能」(風評被害)然り、「コロナ」もまた然りです。 そんな中、パンデミック以降、ソーシャル・ディスタンシングによって「社会的距離」だけでなく私たちの「心の距離」まで急速に広がった気がしています。世界では社会的格差や差別といった「分断」も広がる一方です。英国も欧州から離脱する道を選びました。世界の心が一つになり、人々の命を救うはずのワクチンまでがBREXIT絡みで政治の道具として使われ、新たな国家間の分断を生んでいます。 音楽もまた、コロナ同様に目に見えないものです。 しかし幸い、音楽は万国共通語であり、文化の違いや言語・人種・宗教の壁を超えて、直接、心に響き、人々の心をつなぐ力があります。 また、音楽はひとの心を楽にしてくれます。人類誕生以前の太古の昔から音楽は存在し、私たちが生きていくために、心身ともに健康であるために、無くてはならないものです。音楽には他にも現代の科学では解明し難い多くの神秘的な力が宿っています。 これまで世界各地を旅してきた中で、失敗談を語り出したらキリがありません。多くの珍事件にも遭遇しました。しかし、その都度「音楽の力」によって救われてきました。また、音楽を通して異国の人々と心が通じ合い、素敵な出会いにも恵まれてきました。一生の宝物です。 そんな音楽のパワーを用いて「今、音楽家として何ができるのか?」 「世の中にどう恩返ししていったらいいのか?」といったことも、実体験を交えながら「音楽のもつ不思議な力」とともにお話しできればと思います。 また、頭ではなく「心」で感じ・考え・奏でる大切さや、AIによる自動化・効率化が急速に進む中での「アナログ」や「手作業」の持つ意味も再考しつつ、(今年1月にコロナに感染し、現在も味覚・嗅覚が完全に回復していないのですが)失って初めて気付いた「五感」の重要性、創作と心境の変化について語り、ひいてはご参加いただく皆さまと、現代人が失いつつある「原始本能」や「直感」、「創造性」を一緒に呼び覚ませるような楽しい時間にできればと思っています。   講師:平井元喜(ひらいもとき)様 <プロファイル> コンサート・ピアニスト。作曲家。世界100カ国を旅する音楽家。 73年、東京生まれ。桐朋高校、慶応義塾大学文学部哲学科(美学美術史学科)を経て、英王立音楽院大学院ピアノ科卒。ロンドン・シティ大学修士課程修了。 96年渡英。これまでロンドンを拠点にカーネギーホール(NY)、コンセルトヘボウ(アムステルダム)、コンツェルトハウス(ウィーン)、ウィグモアホール(ロンドン)でのピアノリサイタルをはじめ70数カ国を演奏旅行。BBC、ITV、クラシックFM、 NHK 『名曲リサイタル』 、テレビ朝日 『題名のない音楽会』 など各地でテレビ・ラジオに出演。サー・ジャック・ライオンズ音楽賞受賞。 94年以来、外務省および国際交流基金の派遣により芸術使節として、数多くの海外公演や文化交流事業を成功へと導く。07年から現在まで、プロジェクト 《音楽と民話で世界をつなぐ》 を芸術監督・作曲家・演出家として主導し、世界各地の物語・アート・日本文化を2015ミラノ万博はじめ20数ヶ国(13言語)へ紹介。また空爆下のパレスチナ・イスラエル公演ではアラブ系・ユダヤ系アーティストの共演も実現させ、中東和平に希望の光を与える。 音楽を通じて、平和・教育・医療・食・環境・震災復興支援など数多くのチャリティーや社会問題に取り組む。世界各地の大学や教育機関でマスタークラスやワークショップを行う一方、NHK文化センター、時事通信社トップセミナーなどで講演。また、コラムニスト・写真家としての連載『心で感じ、魂で奏でよ!』(フォーブス ジャパン)、『旅するピアノ』(辻仁成主宰「DESIGN STORIES」)、『国境なき音楽紀行』(EURO NEWS)など、多彩な活動を展開。 2020年3月、ゲスト・アーティストとして乗船した新型コロナ感染のクルーズ船が各国から上陸拒否されカリブ海を3週間あまり漂流する中、唯一の日本人として船内で孤軍奮闘し “音楽と笑顔” で乗員乗客を励まし続ける姿が各種メディアで報道され話題を呼ぶ。翌月、イギリスで入院中に “コロナ最前線” と “音楽の力”を再び体験。 “童謡の里” 福島県広野町の夢大使や、2020年11月〜2022年にかけて大倉集古館(ホテルオークラ東京)やウィーンなど内外各地で ”特別巡回展” が予定される 《オーストリア・ロースドルフ城 古伊万里再生プロジェクト》(ROIP)親善大使なども務める。スタインウェイ・アーティスト。 *会場:皆様のご自宅でご参加いただけます。 *会費:無料です。 *参加申し込み: 下記のリンク先よりお申し込みください。 https://forms.gle/K7fheiEHb57oY7fM7   **100名までの参加が可能になります。   ★参加受付確認のお願い:Zoomへのアクセス方法は開催3日前にご案内する予定です。開催2日前の時点で案内メールが届いていない場合は、迷惑に分類されていないかご確認ください。見つからない場合には、nisuikaijapanassociation@gmail.com (二水会専用アドレス)まで再度ご連絡ください。 二水会幹事 伊東敬行    

Read more »

二水会

By |

二水会

● 2 月二水会の報告●   「太鼓」と聞けば、自然と心に鳴り響く力強い音色に誘われて (?)今回は 55 名という多くの方々にご参加いただきました。 講師の鈴木久美子さんには、和太鼓奏者でもありながら、歴 史や豆知識、現在の太鼓の潮流など幅広い知識に基づいて、 わかりやすく、また、写真や映像などを交えながら「和太鼓 の魅力と楽しみ方」と題してお話しいただきました。 太鼓が、古くは 6 世紀の埴輪にも出てくるということは、僕に とっては大発見でした。 また、飛鳥時代には信号として使わ れたり、平安時代に描かれた絵の中には、合戦の脇で叩かれ ている陣太鼓の歴史もあるとお話しいただき、いろいろな形 で歴史の中に出てくるものだということがわかり、とても興味 深く聞きました。   太鼓と聞くと、子供のころの地元の夏祭りを思い出しますが、 太鼓の種類にもいろいろあることを写真で見せていただき、 「そうだ、見たことある、見たことある」、と言われてみれば、 という感じでいろいろな記憶が蘇ってきました。 ただ、最近出てきた電子和太鼓のお話は、目から鱗で時の流 れを感じました。今の子供たちから見れば、僕の記憶は段々 「昔の話」になっていくのかなー、と少し寂しく思いました。 現在の太鼓の奏者のスタイルの違いや、世界各地で活躍して いる日本人、また、各国で広まっている太鼓の話などを聞き、 僕が知らなかっただけなのか、最近の話なのか、何れにしても、 受け継がれている伝統と現代流にアレンジされている新しい 太鼓など、伝統・文化が過去から現在に繋がっていることを 何だか嬉しく思いました。 個人的に一番興味深かったのは、鈴木さんご出身の川口市の 鋳物工場と太鼓の歴史のお話でした。鋳物工場に火事が起こ らないことを祈願する火伏せとして、その年の最初の午の日 に初午太鼓が夜通し打ち鳴らされることを知りました。それ が現在でも初午太鼓コンクールという形で、地元の伝統とし て受け継がれていること、太鼓が鈴木さんの青春であったと のお話がありました。楽譜は読めなくても口で歌えれば太鼓 は演奏できること、そして、鈴木さんのおばあさんもリズムを 口ずさむことができ、昔は太鼓を打っていたというお話がとて も印象に残りました。地元との繫がりや、世代を越えた繫が りがあり、日本を離れても強く日本と結びつかれていることや、 日本の伝統・文化に貢献されている姿を羨ましく思いながら お話を聞いた充実した時間でした。(伊東)     ● 3 月二水会のお知らせ●   日時:3…

Read more »

3月10日二水会のお知らせ(2021)

By |

3月10日二水会のお知らせ(2021)

日時:3月10日(水)午後8時より 演題:60歳からの俳優業(エキストラ) 参加費:無料 1986年に 流れ流れてたどり着いたのが英国はロンドン 4−5年の予定で働く予定でしたが、予定は未定だったのです。 60歳で会社を追い出され、毎日休暇ぐらし。サラリーマンの癖でまたどこかで働こうと思いCVを出しましたが、お呼びではなかったです。気が付いたら、映画のエキストラの仕事をしながら(年に数日ですが)いまだにここロンドンで生活しています。そのエキストラの話をさせていただければと思っています。 講師:早乙女 健之様 <プロファイル> 横浜で20年、逗子で20年、英国で37年、会社勤めの一生でした 。 日本で一回、英国で一回の会社の倒産の経験、替わった会社は全部で7社になりました 趣味:Sailing (ヨット)。。。数年前やめてしまいました :Allotment (自称 農業) :Fishing  (自称 漁業) :Mahjong(数年前に始め、今は中止中ーdue to Covid-19) *会場:Zoom 皆様のご自宅でご参加いただけます。 *参加費:無料です。 *参加申し込み: 下記のリンク先よりお申し込みください。 https://forms.gle/YvTWC1YULkx47Ldc8 **100名までの参加が可能になります。 ★参加受付確認のお願い:Zoomへのアクセス方法は3月7日(日)にご案内する予定です。3月8日(月)時点で案内メールが届いていない場合は、迷惑に分類されていないかご確認ください。見つからない場合には、nisuikaijapanassociation@gmail.com (二水会専用アドレス)まで再度ご連絡ください。 ★★参加申し込みの期限は設けておりませんが、Zoomへのアクセスの案内が未達等の場合に確認・対応がとれるよう、できるだけ3月7日までにお申し込みいただけますと幸いです。 二水会幹事 伊東敬行

Read more »

二水会

By |

二水会

● 1 月二水会の報告●     日時:1 月 13 日 ( 水 ) 午後 8 時より 講師:飯塚忠治様、田口晴恵様 演題:日本人とその家族のためのケアーホーム設立に関して 会場:ZOOM スクリーン上 参加人数:117 名   幅広く開催の案内をしたこと と、関心の高さが相まって全 英各地より117 名ものご参加 をいただきました(英国外か ら参加いただいた方もいらっ しゃったかもしれません!)。 同テーマでは昨年 1 月に続いての開催となりました。飯塚さんか らは、ケアホーム設立に向けての選択肢や課題、また昨年からの 情報のアップデート等を、晴恵さんからは現場からの報告という 形で、今起きていることの話をしていただきました。 質疑応答の時間には多くの方にご発言いただきました。ソーシャ ルケアの仕事に携わっている方のお話やお住いの地域ケアホーム のお話、自分が入居するかどうかを考えた場合に気になる事項な ど多種多様なご質問がありました。また、日本人が期待するサー ビス内容や品質を提供するという点で、このプロジェクトの趣旨 には異論はなかったと思いますが、ケアホームと地域との関わり や日本語でのサービスをどこまで求めるかなど、時には発言者間 で異なる意見や考えがあり、当然といえば当然と思いましたが進 める上での難しさを感じる場面でもありました。   印象深かったのは、「ネットワーキング」としての繋がりが欲しい、 という声とそれに賛同する方が多くいらっしゃったことでした。特 に、今回遠方からご参加いただいた方にそのような声が多かった ように感じました。コロナウイルスで世の中が一変してしまってい ますが、唯一と言っていいほどの功罪としては ZOOM などのオン ラインを通して、離れた場所に住む方々とつながることが容易に できるようになったことではないかと思います。それが抵抗なく、 また幅広く受け入れられる状況となったことが「いい意味で」人々…

Read more »

2月10日2水会のお知らせ「和太鼓の魅力と愉しみ方」

By |

2月10日2水会のお知らせ「和太鼓の魅力と愉しみ方」

2月二水会のお知らせ(2021) – リマインダー 日時:2月10日(水)午後8時より 演題:和太鼓の魅力と楽しみ方 参加費:無料 *お申し込み方法が、今月より変更となっておりますので、ご注意ください。 「太鼓」と聞くとお祭りや新年を思い浮かべ、音を聞けば心とお腹に力強く響き、太鼓を打っている姿を見ると力が湧いてくる!そんな日本に古くから伝わる和太鼓を一度は見たり聴いたりしたことがある方もいらっしゃると思います。現在は世界中の人も和太鼓に魅了されブームが起きています。また誰でも打てば鳴る太鼓は年齢も性別も関係なく演奏できる打楽器ですので、お子さんへの礼儀作法や情操教育、大人のエクササイズとしての習い事としても人気があります。今回は太鼓の音を目の前で聴いていただくことができませんが、代わりに「和太鼓」の魅力と楽しみ方などを紹介させていただきます。 講師:鈴木 久美子 様 <プロファイル> 埼玉県川口市出身。小学校の授業で川口市の郷土芸能「初午太鼓」を習う。その後川口の和太鼓グループに入りコンクールや祭り等で経験を積み、1997年、世界の子どもたちに和太鼓を伝えることを目的として渡英。Joji Hirota & Taiko Drummersに入り20カ国以上の海外公演やワークショップに参加。2011年以降ソロ活動として多様なジャンルの音楽や楽器とコラボに参加させてもらい、グラストンベリーやRonnie Scott’sなどで演奏。2019年12月にミラノ在住の日本人音楽家とイタリアのレーベルからC Dをリリース。現在は、運営しているこども向けの日本語&文化教室で和太鼓など日本の伝統文化を伝承しながら、「初午太鼓」を世界に広める活動をしています。どうぞよろしくお願いいたします。 *会場:皆様のご自宅でご参加いただけます。 *会費:無料です。 *参加申し込み: 下記のリンク先よりお申し込みください。 https://forms.gle/n8uVMspPnuXkSvo99 **100名までの参加が可能になります。 ★参加受付確認のお願い:Zoomへのアクセス方法は2月7日(日)にご案内する予定です。2月8日(月)時点で案内メールが届いていない場合は、迷惑メールに分類されていないかご確認ください。見つからない場合には、nisuikaijapanassociation@gmail.com (二水会専用アドレス)までご連絡ください。 ★★参加申し込みの期限は設けておりませんが、Zoomへのアクセスの案内が未達等の場合に確認・対応がとれるよう、できるだけ2月8日までにお申し込みいただけますと幸いです。 二水会幹事 伊東敬行   ◆英国日本人会Facebookページ https://www.facebook.com/japanassociation/ ******************************************************************************************

Read more »

1月二水会のお知らせ(2021) 

By |

1月二水会のお知らせ(2021) 

1月二水会のお知らせ(2021) 日時:1月13日(水)20:00より 演題: 日本人とその家族のためのケアーホーム設立に関して         英国日本人会、なみの会 共同プロジェクト 英国の日本人永住者の人数は日本大使館発表(2017)で男女の合計21,809名となっています。この内、70歳代以上の人数は英国全体で約3,000人、ロンドン周辺の州にお住まいの方の人数はこの約60%、1,800人となります。英国で生活の基盤が長い方が多く、私達の行ったアンケートでは7割以上の方が今後も英国で住み続ける、そして其の66%の方々が日本語でサービスを受けられるケアーホーム(言語、食事、ケアースタッフ)があれば入居を検討したいという結果がでています。 今後ケアーホームの必要度は増々高まってまいります。大きなプロジェクトですから完成までに数年がかかります。今からこのプロジェクトを立ち上げ、多くの皆様のご支援を募る必要が在ると考えています。 ケアーホーム設立には多くの課題が在る中でこの度、英国日本人会と共同ホストのなみの会から下記の柱につきご報告させていただきたく思います。 1. 資金? 2. 日々の運営? 3. 入居希望者はいる? 4. 施設の内容? などにつき調査してきたことを説明させて頂き、次のステップのためのプラン案もお話しさせていただき、皆様のご意見も伺えますと幸いです。 そして日本人会の福祉部から現場からの報告という形で今起きていることの話をさせていただきます。 多くの皆様にご参加頂き、このプロジェクトを是非サポートしていただけましたら大変有り難く思います。 講師:田口晴恵  飯塚忠治 共同ホスト吉村ウッド珠美 <プロファイル> 田口晴恵―英国日本人会福祉部担当 飯塚忠治―英国日本人会例会部担当 吉村ウッド珠美―なみの会 ジューン前田―なみの会 *会場:皆様のご自宅でご参加いただけます。 *会費:無料です。 *参加申し込み: 参加申し込みを下記のメールアドレスにお知らせください。 nisuikai@japanassociation.org.uk (二水会専用アドレス) **100名までの参加が可能になります。 ★参加受付確認のお願い:Zoomへのアクセス方法は1月10日(日)にご案内する予定です。1月11日(月)時点で案内メールが届いていない場合は、ジャンクメールに分類されていないかご確認ください。見つからない場合には、nisuikai@japanassociation.org.uk (二水会専用アドレス)まで再度ご連絡ください。 ★★参加申し込みの期限は設けておりませんが、Zoomへのアクセスの案内が未達等の場合に確認・対応がとれるよう、できるだけ11月10日までにお申し込みいただけますと幸いです。 二水会幹事代理 伊東敬行 ****************************************************************************************** ◆英国日本人会公式サイト http://japanassociation.org.uk/ ◆英国日本人会Facebookページ https://www.facebook.com/japanassociation/ ****************************************************************************************** Japan Association in the UK 77 Victoria Street  Box 108 London SW1H 0HW mail: secretary@japanassociation.org.uk

Read more »